ジャンル別図書案内新刊順

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

平和・政治・社会問題・ルポ

 


スウェーデンはなぜ生活大国になれたのか
竹崎孜 著

A5判/187頁 1999年3月発行

2,000円(税別)


ISBN4-87154-016-2

 単純な国際比較、表面的な現象評価だけでいいのだろうか!? いま大切なことは、この国からなぜ、どのようにしてを学ぶことだ。

 ストックホルム大学客員教授、在スウェーデン日本大使館専門調査員の著者がその背景と過程を解明。話題の書。


開業医はなぜ自殺したのか
-富山個別指導事件の真実-
矢吹紀人 著


四六判/222頁 1995年10月発行

1,748円(税別)


ISBN4-900423-95-5

 若き赤ひげを死に追いやった厚生省医療政策の正体とは…。満身の怒りをこめて告発する!
医療費総抑制策のもとで強まる開業医への締めつけの行きつく先は。


被爆者からの伝言

日本原水爆被害者団体協議会 編

1995年6月発行
8,544円(税別)

4-90042-388-2

昨日生れたブタの子が

笠木透・著

1995年5月発行
3,589円(税別)

4-900423-87-4

破綻臨海副都心開発
ドキュメント●東京を食い荒らす巨大利権プロジェクト

岡部裕三 著


1995年3月発行

1,553円(税別)


ISBN4-900423-85-8

 東京都民に莫大な借金を残しながら強引に進められる政・官・財癒着の大利権プロジェクト=臨海副都心開発。その利権構造の闇の実態を徹底取材で暴いたドキュメント。ジャーナリズム関係、マスコミその他で絶賛・大反響! 日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞の第2弾!


南光町奮戦記
-住民とともに歩む共産党員町長14年のドラマ-
山田兼三 著


四六判/230頁 1994年11月発行

1,667円(税別)


ISBN4-900423-82-3

 解同とボス支配の町に32歳の若造共産党員町長が誕生。以来14年、住民の圧倒的支持が続くのはなぜか!? 町長みずからがさわやかに、力強くつづる待望の書きおろし。
今の時代だからこそ、この町から学びたい。
・ロマンと勇気にあふれた一冊!
・政治改革の展望を広げる一冊!
・そして、人間味いっぱいの、少々ホロリとする一冊です!


臨海副都心開発

岡部裕三・著

1993年6月発行
1,553円(税別)

4-900423-72-6

しかし…
-ある福祉高級官僚死への軌跡-
是枝裕和 著


四六判/250頁 1992年12月発行

1,650円(税別)


ISBN4-900423-66-1

ギャラクシー賞作品、渾身のドキュメント!

 1990年12月5日、環境庁次期事務次官候補が自ら命を絶った。彼は水俣病訴訟の国側の責任者として批判の矢面に立たされていた。厚生省入省以来30年、福祉・環境行政一筋に歩んで来た高級官僚が「福祉切り捨て」の時代に押しつぶされていく――。


国が医療を捨てるとき 
検証■いのちの沙汰もカネ次第
相野谷安孝 著

1991年7月発行

1,650円(税別)


ISBN4-900423-51-3

 今、政府は「カネで買う医療」の道をまっしぐらに突き進んでいる。そのために医療を受けることのできない生活困窮者が急増し、そして全国津々浦々で起きている悲劇の数々。それらの実態を報告し、政府の医療政策の現状を告発し、日本医療の将来像のとんでもない姿をシミュレートする。ベストセラー!
小川政亮ほか多氏推薦! 全国学校図書館協議会選定図書!


続・「福祉」が人を殺すとき
-棄てられし民の反骨-
寺久保光良 著


四六判/223頁 1991年10月発行

1,553円(税別)


4-900423-53-X

 あたり前な暮らしを願う庶民・働きがいを願う福祉職員。人間らしさへの骨太なロマン!
 金満ニッポンの谷間に置き去りにされた社会的弱者。まさに、棄てられし民=棄民。されど、彼らは人として生きる権利を主張し始めた。
※日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書


ヒロシマ・ナガサキを世界へ
被爆医師の反核語り部世界行脚
肥田舜太郎 著
肥田舜太郎・大江健三郎 対談


1991年6月発行

1,456円(税別)


4-900423-48-3

 反核・平和を唱え世界各国を行脚するある高齢の被爆医師の軽妙にして重厚な手記。あるときは子ども達に原爆の悲惨さを語り、また大人たちと世界平和・核兵器廃絶のために語り合う。それぞれの国民がヒロシマ・ナガサキをどう知っているのか、核兵器、戦争についてどう考えているのかが生き生きと伝わってきます。著者と大江健三郎氏との対談付き!
 大江健三郎、吉永小百合ほか多氏推薦!


自民党政治改革の深謀
ドキュメント■一党支配戦略の舞台裏
井上 協 著

1991年6月発行

1,650円(税別)


4-900423-50-5

 リクルート事件を奇禍にマスコミも大動員して進められた、真の政治改革とは程遠い「選挙制度改革」。それは日米支配層が長年企んできた小選挙区制の導入に他ならなかった。現職政治部記者がその「政治改革」の舞台裏を暴いた衝撃のドキュメント! 今日の永田町の実情、日米支配層の闇の交流が如実に描かれています。


逗子・三宅からのメッセージ
てい談●市長と村長から熱い想いをこめて
富野■一郎、寺澤晴男、佐藤昌一郎 著


1989年11月発行

1,400円(税別)


4-900423-40-8

 米軍基地建設に反対し、平和のため、住民の安全と豊かな自然を守るために奮闘する富野逗子市長と寺沢三宅村長の対談集。地方自治とは何か、首長の果たすべき役割とは何か、そしてそこに暮らす人々の幸せとはなにか……。腐敗した政治家どもがはびこる今、二人の姿は実にさわやかで、新鮮です。


福祉が人を生かすとき
-「落ちこぼれ」たちの勉強会-
建石一郎 著


四六判/245頁 1989年10月発行

1,500円(税別)


4-900423-39-4

 真のヒューマニズムがここにある!
 俺だって、高校に行きたい!「つっぱり」「落ちこぼれ」の彼らがそう叫んだとき、貧困からの自立をめざすドラマが始まった。国の福祉切り捨て・弱者いじめが進むいま、福祉の原点を守り続ける福祉従事者たちがいる。
※全国学校図書館協議会選定図書。


国保が人を殺すとき

西館静夫・著

1989年5月発行
1,600円(税別)

4-900423-36-X

そこに原発があるけれど
柴野徹夫 著

1988年10月発行

1,300円(税別)


4-900423-35-1

 放射能汚染や原発事故を恐れながらも、「原発ってよくわからない」「原子力って聞いただけで脳細胞が拒否反応を起こす」―こんなふうに感じている方がまだたくさんいます。お母さん方はもちろん、中学生や高校生にも話しかけているつもりで書いてみました。(「はじめに」より)
 ルポライターが恐るべき事実を紹介しながら、優しく解き明かす原発批判!


怒りの島びと証言録 三宅島9・1
島民の証言とルポとフォト・ドキュメントでつづる
寺澤晴男 他著

1988年9月発行

1,400円(税別)


4-90042-333-5

 米軍基地建設に反対して起ち上がった三宅島の人々。国は大量の機動隊を三宅島に送り込んで、無抵抗の抗議を続ける島民たちに襲いかかり、基地建設を強行しようとする。しかし、島民の粘り強い闘いの末、ついに日米両政府は基地建設を断念する。小さな島が日米両政府を打ち破ったのだ。島民多数の証言と写真でつづる闘いの貴重なドキュメント!


平和への学問の道
ドキュメント●名古屋大学平和憲章

名古屋大学平和憲章制定実行委員会 編著


1987年9月発行

1,300円(税別)


4-900423-27-0

「我々は、世界の平和と人類の福祉を志向する学問研究に従い、主体的に学び、平和な社会の建設に貢献する有能な働き手となることを目指す。……いかなる理由であれ、戦争を目的とする学問研究と教育には従わない。……」――名古屋大学は全学投票でこの『名古屋大学平和憲章』を採択した。国際的にも注目を浴びるこの憲章の内容と制定に至るドラマをつづるドキュメント!


平和への伝言

藤原彰・監修、森村誠一・寄稿、高木敏子・お話

1987年6月発行
2,950円(税別)

4-90042-324-6

中曽根ファミリー
ドキュメント■政治支配の構造
青木 慧 著


1986年5月発行

1,700円(税別)


4-900423-18-1

「戦後政治の総決算」を標榜する中曽根康弘。今日の政治権力に暗然とした影響力を与える中曽根の人脈・ファミリー、そして彼らの行状をパソコンデータを駆使して徹底解明するドキュメント。資料的価値がきわめて高いと、多方面から絶賛の書!


臨教審解体
ドキュメント●教育支配の構造
青木慧 著


1986年4月発行

1,700円(税別)


4-900423-16-5

 日本の教育を大企業支配のもとにおき、利潤追求の道具にしきる――その企みの下に設置された臨時教育審議会は日本の教育史上、大きなエポックであった。臨教審の人脈・背後組織をパソコンデータを駆使して、徹底追跡する。資料的価値も絶大! 
 日本図書館協会選定図書!


香焼町奮戦記
憲法を暮らしに生かす町
坂井孟一郎、岩本伉 著
清水秀記 写真

1985年9月発行

1,800円(税別)


4-900423-08-4

 「憲法を暮らしに生かす町」として名高い香焼町。三菱独占の城下町でありながら、戦後一貫して革新民主町政を進める香焼町。会社、右翼、勝共連合などが一体となっての革新町政転覆攻撃のすさまじさ、それと真正面から闘い、革新調整を守り発展させつづける町民たち。「日本地方自治の奇跡」といわれるこの町のドラマと住民本位の町政の中身を、町長らが記す迫力と感動のドキュメント。日本図書館協議会選定図書!


「福祉」が人を殺すとき
-飽食時代の餓死-
寺久保光良 著


四六判/262頁 1985年3月発行

1,600円(税別)


4-900423-30-0

 真のヒューマニズムとは何か!
 本書はひとり福祉従事者を告発するものではない。福祉切り捨ての実態を告発する。
  餓死・自殺、相次ぐ生活保護行政の実態と背景。「適正化」の名のもとに進められる生保の変質。その実態にメスを入れる。
※日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書


日本国憲法前文 
ソノシートとカラー写真集でつづる
うた:きたがわてつ
写真:田邊順一
執筆:森村誠一、住井すえ、早乙女勝元、畑田重夫

1984年3月発行

980円(税別)


4-900423-46-7

 世界平和と国民主権、そして人類愛を全世界に高らかに宣言した「日本国憲法前文」。その崇高な文言にシンガー・ソングライターが曲をつけて歌にした。その歌のソノシートとカラー写真集、そして森村誠一、住井すゑ、早乙女勝元の寄稿と憲法前文の解説でつづるベストセラー! 憲法教材としても大好評! 
 森村誠一、永六輔、いずみたく、上條恒彦、羽仁説子、山田洋次ほか多氏推薦。


沢内村奮戦記
-住民の生命を守る村-

太田祖電、増田進、田中トシ、上坪陽 著


四六判/296頁 1983年3月発行

1,600円(税別)


4-900423-45-9

現在なお乳幼児医療・老人医療無料を続ける村。乳児死亡率日本一の「豪雪・貧困・多病」の村が日本一の健康村になるにいたる村ぐるみの奮闘のドラマ、そしてその根本となった「住民の命を守るのが行政の最大の責任」との「沢内村生命行政哲学」。それらを、村長、村立病院長、保健婦など当事者が総力をあげてつづる話題のベストセラー。


前のページ
TOPページへ