ジャンル別図書案内新刊順

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

教育・保育・子育て

 


高校の授業でとりあげた

   オオカミ少女の物語

 

平井尚一/著

 

四六判/192頁  2014年7月発行

1,400円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-129-9

私は2002年度まで、高等学校の教師をしていましたが、退職するまでの十数年間、「倫理」等の授業で、延べ何千人もの生徒達にこの物語を朗読してきました。
  半世紀をはるかに越えた昔にインドにあったこの物語が示す真実に触れ、多くの生徒達は人生観を変えてしまうほどの感銘を受けてくれました。
  年度末には感想文を書いてもらいましたが、その中に、この物語を聞いて自殺せずにすんだという作品がいくつかあったことは、私の朗読活動の最大の収穫でした。(本書「プロローグ」より)


日本の奨学金はこれでいいのか!

 −奨学金という名の貧困ビジネス

奨学金問題対策全国会議/編

 伊東達也、岩重佳治、大内裕和

 藤島和也、三宅和久/著

四六判/200頁  2013年10月発行

1,600円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-119-6

欧米諸国に比べ際立って高い日本の教育費。にもかかわらず、高い金利の日本独特の奨学金。この10数年で「サラ金よりアコギな学生ローン」と変貌した奨学金制度。返済に苦しむ若者が急増。しかし、容赦のない取立て。そのひどすぎる実態を告発し、根本原因と改善策を解明する。困っている方の相談窓口、救済方法も提示。

「お金がなくても安心して学べる社会へ」「貧困の連鎖のない社会へ」のための必読の書。弁護士、研究者、ルポライター、学生当事者が慢心の怒りをこめて執筆。


ちいさなおばけちゃん と

くるまいすのななちゃん

又野亜希子/文

はっとりみどり/造形

A4判変形/32頁・全頁カラー
2011年5月発行

1,400円(税別)


   カタログPDF
ISBN978-4-87154-099-5

優しさ・勇気・支えあい・思いやり―車椅子ママが子ども達に想いをこめて書いた絵本。著名な造形作家はっとりみどりさんが創り出した素敵な世界が広がります。障がい児問題、友情を考えあう絶好の一冊です。4・5歳〜小学低学年向け。「わたしだって、みんなと いっしょに おにごっこしたい!」。 車イスのななちゃんのために皆が発明した「新型おにごっこ」の始まりです。5月14日TBSテレビ「感動の絆ドキュメント」、24日「ひるおび」、17日NHKラジオで作者と絵本が詳しく紹介他、新聞・テレビで大反響 ! 東ちづるさん推薦。作者・又野亜希子さんは小社刊好評本『ママの足は車イス』著者


世代間交流学の創造

 -無縁社会から多世代間交流型社会実現のために

草野篤子、柿沼幸雄、金田利子、

藤原佳典、間野百子/編著

A5判/248頁
2010年12月発行

2,400円(税別)

    カタログPDF
ISBN978-4-87154-097-1

「無縁社会」の異常な広がり。その克服のために今すべきことは何か…。

 競争原理・効率優先を旗印に人々を孤立化させる「世代交代型社会」から、幼児もお年寄りもが自然に交流し合える多世代協働・世代間交流型社会への道も、その有効な一方策であろう。本書は、豊富な実践例に理論的考察を加え、社会、行政の転換を提言します。すべての人が生きがいを持ち、学び合い・育ち合い・支え合う地域コミュニティを共につくること――その願いを込めた画期的集団労作。


保育事故を繰り返さないために

  −かけがえのない幼い命のためにすべきこと

武田さち子/著 赤ちゃんの急死を考える会/企画・監修

A5判/144頁
2010年7月発行

1,400円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-094-0

 多発し続ける保育施設での乳幼児の死亡事故。その中には明らかな虐待による事件も少なくない。日本の貧しい保育政策、規制緩和、保育の市場化の流れがそれに拍車をかけていることも明らかに。わが子を亡くした親、法律専門家、保育関係者が共に考えあう画期的な一冊。事件・事故の数々を取り上げ、そこから原因を究明し、対策を提示する。

  大宮勇雄(福島大学教授・全国保育団体連絡会会長)、櫛毛冨久美(赤ちゃんの急死を考える会会長)、小山義夫(同副会長)、高見澤昭治(弁護士)、寺町東子(同)の座談会付き


子どもと算数の授業を楽しもう

  −「水道方式・量の理論の授業」とは

西尾恒敬/著

A5判/176頁
2010年3月発行

1,800円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-090-2

  いま改めて注目の「水道方式」の豊かな実践の数々。

@ややこしい算数を分かりやすく教える教科実践、

A子どもの目が輝き、学ぶ意欲を高める授業実践、

Bいじめをなくし、どの子も主人公の集団づくり実践、

 など、イラスト、図説満載で分かりやすさ抜群です。

  著者は元・小学校教諭、数学教育協議会会員


ママの足は車イス

  −絶望を救ったたくさんの愛と小さな命

又野亜希子/著

四六判/240頁
2009年10月発行

1,600円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-089-6

  2004年7月の朝、著者は勤務先の保育園への途上に交通事故に。28歳、結婚して2年目の出来事でした。一命を取りとめたものの、胸から下が完全に麻痺に、しかも時々襲う激痛…。絶望と苦しいリハビリを乗り越えた著者のお腹に2005年秋、小さな命が宿りました。翌5月、女児を出産。いま、著者は車椅子ママのかたわら講演・執筆活動に。感動と勇気一杯の1冊です。

 大谷貴子さん「乗り越えられない試練などない。それを教えてくれる一冊です」、鈴木ひとみさん「命がけの出産。誕生した愛。本当の強さを教えられます」、と絶賛推薦! 発売と同時に大反響! 日本図書館協会選定図書。発売と同時に大反響! 朝日、読売新聞、TBSテレビ他で紹介!


病気になってもいっぱい遊びたい

小児病棟に新しい風を! 遊びのボランティア17年
病気になっても いっぱい遊びたい

坂上和子/著
四六判・240頁  2008年8月発行
1,600円(税別)

    カタログPDF
ISBN978-4-87154-077-3

 難病と闘う子供たちにこそ遊びの楽しさを! 

 小児がんなどの難病と闘う子供たち。そのつらくて長い闘病生活の大きな支えになっているのが「遊びのボランティアさん」。子供だけでなく看護に疲れた家族にとっても大切な存在です。日本ではまだほとんど知られていない取り組みが、欧米ではしっかりとした制度として保障されています。日本で「遊びのボランティア」の道を切り開いてきた保育士の著者がつづる感動の書。

 川上清子、宮坂勝之、柳田邦男、山崎美貴子各氏絶賛・推薦 。


ひろがれ! 入院児保育
病院で子どもが輝いた日 増補改訂版

斉藤淑子・坂上和子/著
四六判・240頁  2004年7月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-055-1

 入院生活で小児がんや白血病などの難病と闘う子供たち。彼らにとっての大きな楽しみは、週に1、2度やって来る遊びのボランティアさん達。その遊びの時間を楽しみに、つらい治療に耐える子供たち…。 難病児のための病院内保育の大切さ、そこでの子供たちのいきいきした姿を、白血病児の母親と遊びのボランティアさんが全国の読者に訴える話題と感動の書。
  大田尭・元日本教育学会会長、鴨下重彦・国立国際医療センター院長、茂木俊彦・全国障害者問題研究会委員長ほか推薦。


大反響のCDブックス
日本国憲法前文と九条の歌

うた●きたがわてつ
寄稿●森村誠一、早乙女勝元、ジェームス三木
写真●田邊順一
2004年4月発行
1,400円(税別)



ISBN4-87157-051-0

 憲法前文と9条そのものをのびやかで崇高に歌い上げた話題のCD。森村誠一、早乙女勝元さんらの憲法の素晴らしさを訴える寄稿、憲法制定のいきさつを記したジェームス三木さんの文。総ルビつきで憲法全条文所載も。
憲法前文と9条そのものを歌で覚えられます。教材としても最適。
永六輔、山田洋次、小林カツ代、畑田重夫各氏が絶賛・推薦! 新聞、テレビで大反響!


女子高生のホンネ手記集『イチゴ便り』から
思春期少女達は家族をどう見てるのか

平井尚一・著

四六判/192頁 2004年2月発行
1,400円(税別)



ISBN4-87154-049-9

 首都圏のある女子校で10年以上続く話題のホンネ文集。そこから120編を収録し、文集を発行し続けた教師が手短に解説。親への激しい反発・反抗、不安定な自分へのいらだちがありのままにつづられている作文の数々。しかし、その裏側で親や家族を思いやり、自立に向けて誠実に自らを見つめる思春期少女達の姿が……。
 共感となごみの一冊!  親、教師必読の一冊!  同世代の人達にもぜひ読んでほしい一冊です!


日本福祉大学創立50周年記念出版
21世紀の社会福祉実践(上下巻)


日本福祉大学同窓会・日本福祉大学学内学会
合同編集委員会[編]

各巻A5判・約260ページ
2003年10月発行
各巻2,200円(税別)


ISBN4-87154-046-4

 創立50周年を記念しての日本福祉大学編集委員会総力あげての画期的集団労作。福祉最前線からの珠玉の実践レポートと研究者による気鋭の論稿が満載。全国各地の様々な福祉分野での貴重で感動的な福祉実践の数々を総集約し、今の時代、福祉実践で何を守り、何を切り拓くのかを考える。読む人に感動と勇気、そして福祉で働くことの意味を伝えてくれる1冊です。対人援助実践などのテキストとしても大好評。

〈上巻〉

公的扶助、地域福祉、介護福祉、医療福祉、労働保障、施設福祉など。

〈下巻〉 児童福祉、障害者福祉、学校教育、保育、ジェンダー、地域研究活動など。



ISBN4-87154-047-2 

スウェーデンはなぜ少子国家にならなかったのか

竹崎 孜 著
A5判/160頁 2002年11月発行
1,800円(税別)


ISBN4-87154-042-1

 先進国で最高水準の出生率を保ち、現在、増子傾向にあるスウェーデン。所得の8割を480日間保障する育児休業、保育・教育費は全て無料、女性の社会的地位の高さなどなど、「貧しい」この国がなぜ、どのようにしてそうなれたのかをわかりやすく記す。
 筆者は元スットクホルム大学客員教授、在スウェーデン日本大使館専門調査員のスウェーデン通。


石原慎太郎の福祉改革を徹底解剖する
国の政策を先取りする「東京発! 市場原理福祉」

浅井春夫 編
浅井春夫、市橋博、小野塚洋行、黒田邦夫、
実方伸子、高橋誠、野村幸裕、二見清一 著
A5判/136頁 2002年7月発行
1,429円(税別)



ISBN4-87154-040-5

 障害者、高齢者などの「社会的弱者」を蔑視する石原慎太郎東京都知事。彼が進める「TOKYO 福祉改革」は血も涙もない弱者切捨て政策であリ、国の政策を先取りするものである。そのとんでもない内容を児童福祉から高齢者福祉までの諸分野について、それぞれ第一線で活躍する筆者がわかりやすく明らかにする。


教師、それは魂の技術者
みんな教育の夢を語ろうよ

武内すえの 著
四六判/208頁 2002年6月発行
1,500円(税別)


ISBN4-87154-039-1

“「悪がき」のクラスに「年寄り先生」がやってきた。これだけでも面白い。良くも悪くも今の学校に光をあてるのは「異端」の先生である。偏見を恐れず、子供が一番大切と思う先生の生き生きした「武内節」をぜひ聞いてください”――山田太一氏絶賛の書!
「子供の生きる力を育む教育を!」を提唱し、元気いっぱい教師活動を続けてきた女先生のユーモア一杯の実践的教育論。


市場原理と弱肉強食の福祉への道

浅井春夫 著
A5判/118頁 2002年5月発行
1,400円(税別)


ISBN4-87154-037-5

「構造改革」で日本の福祉はどうなってしまうのか? その現状を明らかにし、将来像をシミュレートする。
 営利企業参入、契約制度、バウチャー制度導入など、新自由主義的な市場原理・競争原理が日本の福祉を支配しようとしつつある今、その問題点を実態に基いて具体的に指摘し、「人間を大切にする社会福祉の実現」の道筋を提起する気鋭の書。


幸平、ナイスシュート!

続木敏博 著
A5判/175頁 1996年9月発行
1,362円(税別)


ISBN4-900423-98-X

 白血病の幸平を救うためにクラスメート、家族、そして地域の人たちの大作戦が始まります。骨髄移植の正しい知識、骨髄バンクの重要さ、そしていのちの大切さ、友情のすばらしさを伝えます。小学上級〜中学生向児童書。全国各地の読書感想文コンクールで採用・好評。

 日本図書館協会選定図書。 海部幸世、大谷貴子、岸川悦子推薦 


病院で子どもが輝いた日

斎藤淑子、坂上和子・著

1995年9月発行
1,553円(税別)

4-90042-392-0

南光町奮戦記
-住民とともに歩む共産党員町長14年のドラマ-

山田兼三 著
四六判/230頁 1994年11月発行
1,667円(税別)


ISBN4-900423-82-3

 解同とボス支配の町に32歳の若造共産党員町長が誕生。以来14年、住民の圧倒的支持が続くのはなぜか!? 町長みずからがさわやかに、力強くつづる待望の書きおろし。
今の時代だからこそ、この町から学びたい。
・ロマンと勇気にあふれた一冊!
・政治改革の展望を広げる一冊!
・そして、人間味いっぱいの、少々ホロリとする一冊です!


学齢期シンドローム

大阪府保険医協会 編
上田浩治 著
1992年3月発行
1,359円(税別)


ISBN4-900423-54-8

 体力の著しい低下、キレやすい子の増加、小児成人病やアレルギー疾患の広がり、骨格異常などなど子供の心と体が急速に蝕まれている。その実態を正確につかむべく実施された大規模な全国調査の結果と、それに基づく分析・問題提起の話題の書!
 日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書!


子育ては金かけないで、愛かけて
スナックママの愛いっぱい親子日記

奈良好子 著
斉藤晴雄 解説
1992年3月発行
1,524円(税別)


ISBN4-900423-55-6

 筆者は東京近郊の小さなスナックのママ。小学校に入学したての娘が寝ついてから帰宅する毎日。どうにかしなければ……。そこで始まったのが、親子日記。その後、親子日記は3年間で大学ノート100冊にも。
 母と娘の愛の記録、一人の母親として、女性としての成長の記録、そして子育ての知恵いっぱいの物語です。教研集会、作文教育研究集会などで感動を呼んだ話題の書! 三上満、大野英子氏推薦。


人間塾物語
子どもたちの生命が輝く

たけうちすえの 著
1988年6月発行
1,500円(税別)


ISBN4-900423-32-7

“私たちはこのような本をないがしろにしてはいけないと思う。決して声高ではないが、子供たちとの毎日に裏付けられた武内さんの言葉は、どの頁にも生き生きと息づいていて、私は沢山のことを教えられ、いくつもの頁で胸をうたれました”――山田太一氏推薦!
 子供たちに真の優しさと真の賢さを!を合言葉に、退職女先生が塾を開いた。その手作り塾のおもしろ・おかしい、しかし教育の本質が満載の物語。


黄金の林檎

藤原利昭・著

1988年3月発行
1,500円(税別)

4-900423-31-9

平和への伝言

藤原彰・監修、森村誠一・寄稿、高木敏子・お話

1987年6月発行
2,950円(税別)

4-90042-324-6

教育に未来をこめて

甲村隆一・著

1987年6月発行
1,500円(税別)

4-900423-25-4

臨教審解体
ドキュメント●教育支配の構造

青木慧 著
1986年4月発行
1,700円(税別)



ISBN4-900423-16-5

 日本の教育を大企業支配のもとにおき、利潤追求の道具にしきる――その企みの下に設置された臨時教育審議会は日本の教育史上、大きなエポックであった。臨教審の人脈・背後組織をパソコンデータを駆使して、徹底追跡する。資料的価値も絶大! 
 日本図書館協会選定図書!


いじめ・体罰家庭と学校

君和田和一・著

1986年3月発行
1,100円(税別)

4-90042-314-9

子どもの人権と管理教育

尾山宏、高野範城・編著

1986年3月発行
1,500円(税別)

4-900423-13-0

いじめを発達のバネに
シリーズ●なくそう!いじめ・体罰・
いじめをきっかけに、より確かな集団づくり実践

西尾恒敬 他著
1985年12月発行
1,200円(税別)


ISBN4-90042-312-2

 いじめっ子、いじめられっ子がぐんぐん変わっていった実践集。生命教育、日記作文、いじめより楽しい集団遊び、親と教師の連携……などを通して、いじめを解決していった教師たちの集団執筆。全国の教師に大きな反響とはげましを呼んだ書。


いじめはなくせる

能重真作・著

1985年11月発行
1,200円(税別)

4-90042-309-2

正義の風を学校に
シリーズ●なくそう!いじめ・体罰・
いじめととりくんだ中学生徒会の人権宣言

芦名猛夫 著
1985年11月発行
1,200円(税別)


ISBN4-900423-10-6

 いじめの嵐が吹き荒れるある中学校のいじめ克服の貴重な実践ドラマ。「いじめをやめろ!」と誰も口にできないなか、生徒会が全校生徒に呼びかけた。「全てのクラスでいじめについて話し合いをしましょう。人間の尊さってなにか、友情ってなにか、正義ってなにかについて話し合ってみましょう」と。そしてついに「いじめをやめろ!」の声が多数者の声になり、「人権宣言」が採択。そこに至るには子ども達と教師との力を合わせた粘り強い営みがあった。
 青木一氏絶賛!「これは子どもと教師の交響楽だ。……」


わが子にぶつかれ
暴走族の親の会奮戦記

三上満、小田島薫、牛島徹 著
1984年7月発行
1,200円(税別)


ISBN4-90042-301-7

 我が子の非行にうろたえるだけの暴走族の親たち。しかし、彼等がお互いに悩みを打ち明け合い、はげます合うなかでできた親の会「こぶしの会」。子供から逃げていた親たちは自らの子育てを振り返り、そして子供たちが主権者にふさわしい大人に成長するために真正面からぶつかっていった。やがて子供たちは……。筆者はこぶしの会会長で暴走族リーダーの父親。子育て、教育の本質がぎっしり詰まった一冊! 三上満氏絶賛!
 2時間テレビドラマとなった話題の書!


沢内村奮戦記
-住民の生命を守る村-

太田祖電、増田進、田中トシ、上坪陽 著
四六判/296頁 1983年3月発行
1,600円(税別)


ISBN4-900423-45-9

現在なお乳幼児医療・老人医療無料を続ける村。乳児死亡率日本一の「豪雪・貧困・多病」の村が日本一の健康村になるにいたる村ぐるみの奮闘のドラマ、そしてその根本となった「住民の命を守るのが行政の最大の責任」との「沢内村生命行政哲学」。それらを、村長、村立病院長、保健婦など当事者が総力をあげてつづる話題のベストセラー。


TOPページへ