ジャンル別図書案内新刊順

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

医療・健康問題

 



開業医はなぜ自殺したのか
 増補復刻版
−ルポ●富山個別指導事件の真実

矢吹紀人/著

四六判/240頁

2015年3月発行

1,800円(税別)


   
ISBN978-4-87154-133-6

「指導・監査」の名のもとに、行政による開業医への締め付けが強まっている。自殺などの悲劇も頻発している。ついに昨年2014年8月には日弁連が「指導・監査制度に関する意見書」を発表。
1993年秋、「赤ひげ先生」と呼ばれた若き開業医が個別指導を苦に自らの命を絶った「冨山個別指導事件」。それは医療界に大きな衝撃を与え、国会や中医協でも取り上げられる社会問題に。それを追った話題のルポの待望の復刻。新たな資料などを増補。


もう一度、泳ぎたかった

菅野雅敏/著

四六判/144頁

2014年5月発行

1,400円(税別)


   
ISBN978-4-87154-121-3

将来を嘱望されていた元水泳選手が医療過誤で急死。 将来を嘱望されていた元水泳選手が医療過誤で急死。このような悲しみが繰り返されないために、父親がつづった手記。
【推薦 】 ・和田仁孝(早稲田大学教授、厚労省死因究明に関する検討委員)
      喪われた命の重みと痛み、医療の姿勢への鋭い問いかけ。
     ・永井裕之(医療の良心を守る市民の会代表)
      病院の誠意なき対応で二次被害。その無念が伝わってきます。


タバコに奪われた命
−父の『闘病MEMO』に寄せて

荻野寿美子/著

四六判/160頁

2014年2月発行

1,400円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-120-6

朗らかで豪快な山男だった父。しかし、父の肺は徐々にタバコで蝕まれていました。
そして、特発性間質性肺炎を発症し、その急性憎悪で入院して、わずか2か月。気胸を発症して、あっという間に帰らぬ人となってしまいました。
その闘病生活を壮絶かつユーモラスに父本人が綴った『闘病MEMO』をもとに、娘の筆者が記す「タバコのおそろしさ」「禁煙の勧め」。
病人が抱える苦悩、家族のとまどいや覚悟、親子の軋轢など、父の闘病生活と死を通して見えてきた世界を洒脱な筆致で描きます。


人権としての医療・福祉と協同組織

 −いのち・くらし・協同

鍋谷州春/著

A5判/288頁  2012年1月発行


2,400円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-107-7

 

JA、生協、労協、民医連など、医療・福祉の協同組織を網羅し、十数年にわたる定量的全国調査と質的調査に基づいて、その意義と課題を生き生きと描く。2012年国際協同組合年にふさわしい第一線研究者の画期的労作。「施し」や「商品」でない「人権としての医療・福祉協同」を直言する。補章として「東日本大震災復旧・復興と協同の課題」も加筆。

筆者は、医療協同組織で長年活動し、現在、日本福祉大学教授。


起ちあがれ! 日本の勤務医よ

  −日本医療再生のために

植山直人/著

四六判/224頁
2011年9月発行

1,800円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-105-3

  欧米では考えられない、日本の医師の超過密労働。医療への予算の少なさ。そして医療社会の閉鎖性と封建制。日本医療崩壊の真の原因を明らかにして、医療再生のために勤務医はじめ全医療者と全国民に呼びかける熱き1冊。筆者は2009年に勤務医の労働組合「全国医師ユニオン」を立ち上げ、その代表。香山リカ、本田宏氏絶賛推薦。香山リカ「私も勤務医。本書に出合って、勇気百倍です」、本田宏「日本医療崩壊の背景と解決策を、福祉国家という視点で書き下ろした名著」。


ママの足は車イス

  −絶望を救ったたくさんの愛と小さな命

又野亜希子/著

四六判/240頁
2009年10月発行

1,600円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-089-6

  2004年7月の朝、著者は勤務先の保育園への途上に交通事故に。28歳、結婚して2年目の出来事でした。一命を取りとめたものの、胸から下が完全に麻痺に、しかも時々襲う激痛…。絶望と苦しいリハビリを乗り越えた著者のお腹に2005年秋、小さな命が宿りました。翌5月、女児を出産。いま、著者は車椅子ママのかたわら講演・執筆活動に。感動と勇気一杯の1冊です。

大谷貴子さん「乗り越えられない試練などない。それを教えてくれる一冊です」、鈴木ひとみさん「命がけの出産。誕生した愛。本当の強さを教えられます」、と絶賛推薦! 発売と同時に大反響! 日本図書館協会選定図書。発売と同時に大反響! 朝日、読売新聞、TBSテレビ他で紹介!


ストレスコントロールが

とことんわかる本

石橋幸滋/著

四六判/184頁  2009年9月発行

発行・連合通信社/発売・あけび書房
1,500円(税別)

  
ISBN978-4-87154-087-2

「ストレスは生きていく上で避けられない」と指摘する著者は、そのコントロール方法を知ることが人生を豊にすると強調します。そのためには、まず自分のストレス状態とその原因を知ることが必要です。本書は自分でできるチェック表に基づき、ストレス状態を自己判定できます。職場や家庭の中で実践できるさまざまなストレスコントロール法を紹介。「心の疲れ」のほぐし方と、ストレスとの上手な付き合い方がとことんわかる一冊です。


きんさんぎんさんが

丈夫で長生きできたワケ

棚橋千里、室生昇/著

ぎんさんの娘さん達のゲラゲラ座談会・付き

四六判/152頁  2009年7月発行
1,400円(税別)

     カタログPDF 
ISBN978-4-87154-086-5

  ぎんさんの主治医と、ぎんさんを病理解剖した医師がきんさんぎんさんがなぜ「丈夫で」「長生き」できたのか、ぎんさんの体がどれほど若々しかったのかを、分かりやすく記します。そして、ぎんさんの4人の娘さん達のぎんさんの生活ぶりの座談会も実にユーモラス。きんさんぎんさん関連本は数多く出版されていますが、直接接していた医師と家族による出版は初めて。
  きんさんぎんさんに限らず、健康長寿の秘訣を両医師が整理します。イラストや写真も満載の一冊!  朝日新聞ほかで紹介、大好評!


安全で質の高い医療を実現するために

 

日本弁護士連合会/編

A5判・360頁 2009年6月発行
2,800円(税別)

     カタログPDF
ISBN978-4-87154-083-4

  医療事故の防止と被害救済のあり方を、患者側、医療側、法律専門家がともに考え、提言する画期的な一冊。日本に比べ格段に進んでいる欧米諸国の事故調査と被害救済の制度・システム。それらも紹介しながら、日本でなぜ遅れているのか、その元凶を明らかにし、改善の道を整理する。今焦眉の課題となっている「医療安全調査委員会制度」の実情と問題点も整理し、日弁連としての詳細な提言も収録。関係者必携の書。


病気になってもいっぱい遊びたい

小児病棟に新しい風を! 遊びのボランティア17年
病気になっても いっぱい遊びたい

坂上和子/著
四六判・240頁  2008年8月発行
1,600円(税別)

   カタログPDF
ISBN978-4-87154-077-3

  難病と闘う子供たちにこそ遊びの楽しさを! 

 小児がんなどの難病と闘う子供たち。そのつらくて長い闘病生活の大きな支えになっているのが「遊びのボランティアさん」。子供だけでなく看護に疲れた家族にとっても大切な存在です。日本ではまだほとんど知られていない取り組みが、欧米ではしっかりとした制度として保障されています。日本で「遊びのボランティア」の道を切り開いてきた保育士の著者がつづる感動の書。

 川上清子、宮坂勝之、柳田邦男、山崎美貴子各氏絶賛・推薦 。


シリーズ・健康と食を考えるA
メタボより怖い「メチャド」ってな〜に?

服部 真/著

四六判・144頁 2008年3月発行
1,400円(税別)


ISBN978-4-87154-076-6

08年4月開始のメタボ重視の健診に疑問の声が噴出。雑誌・講演などで活躍する筆者が、メタボよりもっと大切なことがあると解き明かす。メタボ健診は役にたつの? 肥満は本当に危険なの? 健康に大切なことってな〜に? 等など、イラスト・図表満載で分かりやすさ抜群。 「メチャド」とは、 健康に「メチャ(めちゃ)・ド(どえりゃー)・リスク(危険)」な社会・生活という著者の造語。 筆者は、医師で、労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会評議員。


断罪された医療事故隠し

都立広尾病院「医療過誤」事件
断罪された「医療事故隠し」

永井裕之/著
四六判・224頁  2007年10月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-074-2

 交通事故死より多いと言われる医療事故死。被害者に不利とされる医療訴訟。それに風穴を開け、画期的な勝利に至る迫真の手記。妻を医療事故で亡くした著者。「医療事故根絶」はもちろん、「医療事故隠し根絶」を目指す著者が熱い思いを込めて綴った一冊。著者は「医療の良心を守る市民の会」をたちあげ、その代表として全国を駆け回る。
【推薦】池田典昭、大熊由紀子、片平洌彦、川嶋みどり、清水陽一、鈴木利廣、柳田邦男


白血病と闘った娘への手紙
天国の真帆へ

山口悦子/著
四六判・208頁  2007年2月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-072-8

 私の長女・真帆は大学生活を終え、社会人として羽ばたこうとしていた22歳の春、突然、急性リンパ性白血病に襲われました。そして4年間の壮絶な闘病の後、天国に旅立ちました。「病気になったおかげで、真帆はもらうものがいっぱいあった。幸せって何かを感じることができた」。最期の最期まで笑顔で闘った真帆。「ありがとう、ありがとう…」が最期の言葉でした。
  優しさと勇気と、そしていのちの大切さいっぱいの一冊です。



サプリメントとの賢いつきあい方

シリーズ・健康と食を考える@
サプリメントとの賢いつきあい方

藤竿伊知郎/著
四六判・152頁 2006年6月発行
1,400円(税別)


ISBN4-87154-068-5

 サプリ利用者はもちろん、医療関係者も必読の書!
今、なぜ大流行なの? 健康に良いってホント? トラブルが後を絶たないのはなぜ?
 まず、サプリメントと賢く付き合うためのポイントを分かりやすく整理。そして、代表的なサプリメント20種類について、その効果と危険性をデータに基づいて具体的に説明。図表やイラストも多く、わかりやすさ抜群。参考文献・参考ネットサイトの紹介も豊富。


働く女性のメンタルヘルスがとことんわかる本


鈴木安名/著
四六判・208頁  2005年6月発行
1,400円(税別)


ISBN978-4-87154-061-2

  働く女性はストレスいっぱい。でも大丈夫! この本を読めば、目からウロコです。医師で(財)労働科学研究所メンタルヘルス研究グループ主任研究員の筆者が、心の病に悩む女性の側に立って、優しく、分かりやすく記します。イラストいっぱい、図表満載です。

 心の病を未然に防ぐための手立ても、重視して記しています。

 働く女性はもちろん、管理職や労働組合にも役立つ「予防と対策」の必読書。大好評です。


ひろがれ! 入院児保育
病院で子どもが輝いた日 増補改訂版

斉藤淑子・坂上和子/著
四六判・240頁  2004年7月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-055-1

 入院生活で小児がんや白血病などの難病と闘う子供たち。近所の友達や幼稚園・保育園のクラスメートと離れ、孤独でつらい闘病生活を送る彼らにとっての大きな楽しみは、週に1、2度やって来る遊びのボランティアさん達。
  難病児のための病院内保育の大切さ、そこでの子供たちのいきいきした姿を、白血病児の母親と遊びのボランティアさんが全国の読者に訴える話題と感動の書。 大田尭・元日本教育学会会長、鴨下重彦・国立国際医療センター院長、茂木俊彦・全国障害者問題研究会委員長ほか推薦。


ドキュメント●薬害ヤコブ病とたたかった人びと
いのちをかえせ!


矢吹紀人/著

薬害ヤコブ病闘いの記録編集委員会/企画・編集
四六判・240頁 2004年3月発行
1,600円(税別)


ISBN4-87154-050-2

 瀬戸内寂聴、川田龍平氏が推薦の感動の書!
国と企業の犯罪を追及し、全面勝利した「薬害ヤコブ病訴訟」。被害者達の苦しい闘いとそれを支えた人々の人間ドラマを描いたドキュメント。薬害根絶への闘いのドラマ。
 被害者原告団、弁護団、支援する会三者が編集委員会を作り、後世に語り伝えるために企画・編集した画期的出版。
 怒りの涙、つらすぎる涙、そして感動の涙いっぱいの一冊です。


被爆医師の戦後史
ヒロシマを生きのびて


肥田舜太郎・著 林京子・寄稿

四六判・296頁 2004年2月発行
2,000円(税別)


ISBN4-87154-048-0

「核兵器廃絶!」「戦争反対!」「被爆者救援!」「住民のための医療を!」「働くものの未来を!」……。ヒロシマで被爆し、戦後、反核・平和、民主医療運動に奔走する熱血医師の自分史。
 反核運動、民主医療運動の生き生きとした歴史とドラマが満載の書。気概とエネルギー満載の書。芥川賞作家の林京子寄稿。莇昭三、安斎育郎、池田真規、石田忠、小川里津子、沢田昭二、山口仙二ほか推薦。


日本福祉大学創立50周年記念出版
21世紀の社会福祉実践(上下巻)


日本福祉大学同窓会・日本福祉大学学内学会
合同編集委員会[編]

各巻A5判・約260ページ
2003年10月発行
各巻2,200円(税別)


4-87154-046-4

 創立50周年を記念しての日本福祉大学編集委員会総力あげての画期的集団労作。福祉最前線からの珠玉の実践レポートと研究者による気鋭の論稿が満載。全国各地の様々な福祉分野での貴重で感動的な福祉実践の数々を総集約し、今の時代、福祉実践で何を守り、何を切り拓くのかを考える。読む人に感動と勇気、そして福祉で働くことの意味を伝えてくれる1冊です。対人援助実践などのテキストとしても大好評。

〈上巻〉

公的扶助、地域福祉、介護福祉、医療福祉、労働保障、施設福祉など。

〈下巻〉 児童福祉、障害者福祉、学校教育、保育、ジェンダー、地域研究活動など。


4-87154-047-2

日本赤十字の素顔
あなたはご存じですか?

野村拓・監修
赤十字共同研究プロジェクト 著
2003年7月発行
1,800円(税別)


4-87154-045-6

 皇后を名誉総裁とし、知らないうちに全国1800万世帯が会員となっている超巨大組織=日赤。戦争とともに歩み、いま有事法制で大きな役割を果たそうとしている日赤。善意の献血がアメリカの戦争に使われるなど、多くのベールにつつまれた日赤。その過去・現在の実相、そして国民のためのあるべき姿を日赤職員、研究者、元従軍看護婦等の協同プロジェクトが明らかにする話題の書。


国保崩壊
ルポ・見よ! 「いのち切り捨て」政策の悲劇を

矢吹紀人、相野谷安孝/著
四六判・240頁 2003年5月発行
1,700円(税別)


4-87154-044-8

 不況のためにやむにやまれぬ国保料の滞納者が急増し、国保利用者の約25%にも達している。しかし、政府は彼らを悪質滞納者呼ばわりし、保険証を取り上げる。その結果、医者にもかかれず、手遅れの死が頻発。
国民皆保険制度の根幹をなす国保制度は、今、崩壊の危機に瀕している。悲惨な実態と、国保崩壊の元凶を徹底取材した迫真のルポ。
 伊藤周平九州大学助教授、熊谷金道全労連議長、島田務全生連会長、肥田泰民医連会長、室生昇保団連会長各氏推薦。


苦悩する市場原理のアメリカ医療
日本の開業医調査団がみた最新事情

アメリカ医療視察団
池内春樹、池田信明、井戸芳樹、川崎美栄子、高山一夫、
辻孝範、津田光夫、馬場淳、村田安雄、吉中丈志/著
2001年12月発行
2,400円(税別)


4-87154-034-0

 市場原理・営利主義が医療を支配したらどうなるのか? 「命の沙汰も金次第」……その悲劇と混迷のお手本がアメリカ医療である。日本政府が進めようとしているアメリカ型「医療改革」で日本医療はどうなってしまうのか? 全国保険医団体連合会の開業医33名の視察団がアメリカ医療の現状を詳しくレポートした「最新見聞録」。国民のための日本医療改革の提言も所載。森村誠一ほか多氏推薦の話題の書!


職場のメンタルヘルスがとことんわかる本
ワーキングパワーと「心の健康」

鈴木安名/著 
2001年9月発行
1,200円(税別)


4-87154-032-4

 リストラ、過労、生活不安、競争激化などなど……。サラリーマン、管理職、経営者ともども、職場での「心の病」が急速に広がっている。本書は「心の病」の予防と対策についての、本人とその周囲の人たちへの大変わかりやすい必読書! 「目からウロコ」と読者から大好評!


高齢者医療と介護の将来像を提言する
「構造改革」に対置する、
真の医療・介護改革へのプログラム

伊藤周平・京都府保険医協会/著
B5判/112頁 2001年9月発行
1,400円(税別)


4-87154-031-6

 画期的シミュレーション提言
「構造改革」に対置しうる、注目の具体案!
現状を打破する実行可能な方策、展望を裏づけする綿密な試算、段階を踏んでの改革の道すじを提示した一冊。


利用者に喜ばれる病院づくり
新築・増改築のためのアドバイス

中央設計M/著
2000年2月発行
2,000円(税別)


4-87154-022-7

 医療関係者に役立つ豊富な事例と知恵がいっぱい。全国の多くの病院や診療所の設計を手がける建築設計事務所が、病院利用者と病院スタッフの立場にたった病院建設・改築をアドバイス。イラストや写真も豊富。
肥田泰全日本民主医療機関連合会会長ほか医療関係者多数推薦!


あの水俣病とたたかった人びと
-21世紀への伝言-

矢吹紀人/著
四六判・247頁 1999年6月発行
1,600円(税別)


4-87154-018-9

 怒りの涙、つらすぎる涙、そして感動の涙。
 あの許しがたい事実を過去のこととして葬り去ってはならない。
水俣病ゆえに夫婦、家族のきずなを破壊され、故郷を捨てざるをえなかった被害者たち。本書は彼らの命がけの闘いと、それを支え、ともに闘った人びとの感動のドラマである。


地域をつむぐ医の心
-往復書簡でつづる農村医療-

清水茂文、下田憲/著
四六判・189頁 1998年5月発行
1,800円(税別)


4-87154-009-X

 地域医療に生きる2人の医師が、人生・農村・そして医の心を熱く語り合う。
「 このお二人のドクターのお手紙のやりとりの内容ぐらい私の心を打ったものは、最近ない。ここには、今日の農村医療の最も大切なテーマがさり気なく取り上げられ、しかもそれとの真剣な闘いが、日常の医療の仕事の実践の中から、おもしろおかしく、描き出されている」(佐久総合病院名誉総長・若月俊一の序文より)


マモ、心のメッセージ

小野寺守・著

1998年5月発行
800円(税別)

4-87154-010-3

まあ聞いて!医療現場のおもて・うら
-臨床30年・ドンキー医師言いたい放題-

佐久友朗/著
四六判・239頁 1998年4月発行
1,700円(税別)


4-87154-008-1

  日本の医療はひどすぎる!!
と咬みついてはみたものの、所詮はヤボ医者のボヤキごと?! 

  ところが、これがなかなか痛快・洒脱なオモシロ本なんです。


佐久病院ナース物語
-だから私は看護が好き-

山田明美/著
四六判・207頁 1997年5月発行
1,400円(税別)


4-87154-003-0

 輝くナースたちがここにいる!

元気いっぱいの若き婦長が綴るいのちの現場からのレポート。
※日本図書館協会選定図書


平成へき地医療騒動記
-村医者から見えたおカミの偏差値-

滝沢清/著

四六判・221頁 1996年12月発行
1,600円(税別)


4-87154-001-4

 厚生行政のデタラメ、腐敗ぶりは全国津々浦々の山間へき地にまで及んでいる。行政の理不尽さに業を煮やした筆者がぶちまける痛快・ユーモラスなてん末記。


がんばれ朋之! 18歳
-植物状態からの生還265日の記録-

宮城和男/著

四六判・205頁 1996年11月発行
1,600円(税別)


4-87154-000-6

  朝日新聞、NHKテレビ他で話題の書!

 突然のバイク事故で植物状態になり、大学病院でも見捨てられた朋之。転院した病院のスタッフと家族・友人達の必死の働きかけが奇跡を生んだ。医療とは何か――を読者に伝える感動の書。


幸平、ナイスシュート!

続木敏博/著

A5判・175頁 1996年9月発行
1,362円(税別)


4-900423-98-X

 白血病の幸平を救うためにクラスメート、家族、そして地域の人たちの大作戦が始まります。骨髄移植の正しい知識、骨髄バンクの重要さ、そしていのちの大切さ、友情のすばらしさを伝えます。親と子で読む一冊。小学上級中学生向児童書。


次のページ
TOPページへ