ジャンル別図書案内新刊順

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

社会保障・社会福祉

 


日本の福祉はこれでいいのか 
最前線から福祉労働を問う

代表編集委員・真田是
日本自治体労働組合総連合、全国福祉保育労働組合、
総合社会福祉研究所 編

1992年10月発行
1,942円(税別)


4-900423-63-7

 臨調行革以来、日本の福祉はどのような状況に陥っているのか!? 赤ちゃんからお年よりの福祉まで、全国各地の実態を全面的に明らかにし、日本の社会福祉変革への道を提言する。研究者、ジャーナリスト、福祉従事者47名による、福祉各方面から高い評価を得た画期的集団労作。日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書。


続・「福祉」が人を殺すとき
-棄てられし民の反骨-

寺久保光良 著

四六判/223頁 1991年10月発行
1,553円(税別)


4-900423-53-X

 あたり前な暮らしを願う庶民・働きがいを願う福祉職員。人間らしさへの骨太なロマン!
 金満ニッポンの谷間に置き去りにされた社会的弱者。まさに、棄てられし民=棄民。されど、彼らは人として生きる権利を主張し始めた。
※日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書


これからの在宅福祉サービス 増補改訂版

河合克義・編著

1991年2月発行
3,000円(税別)

4-900423-42-4

これからの在宅福祉サービス

河合克義・編著

1990年5月発行
2,900円(税別)

4-900423-41-6

福祉が人を生かすとき
-「落ちこぼれ」たちの勉強会-

建石一郎 著

四六判/245頁 1989年10月発行
1,500円(税別)


4-900423-39-4

 真のヒューマニズムがここにある!
 俺だって、高校に行きたい!「つっぱり」「落ちこぼれ」の彼らがそう叫んだとき、貧困からの自立をめざすドラマが始まった。国の福祉切り捨て・弱者いじめが進むいま、福祉の原点を守り続ける福祉従事者たちがいる。
※全国学校図書館協議会選定図書。


高齢化社会は本当に危機か
徹底分析

川口弘、川上則道 著

1989年9月発行
2,000円(税別)


4-900423-38-6

 消費税や福祉切り削りの口実となっている高齢化社会危機論。そのウソとあやまりを権威ある経済学者が徹底解明する。さらに、高齢化社会に対応するためのあるべき行財政の方向を明らかにする。著者作成のシミュレーション図表、諸外国の実情資料も豊富。
野呂栄太郎賞受賞の画期的労作! 日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書。


国保が人を殺すとき

西館静夫・著

1989年5月発行
1,600円(税別)

4-900423-36-X

「福祉」が人を殺すとき
-飽食時代の餓死-

寺久保光良 著

四六判/262頁 1988年3月発行
1,600円(税別)


4-900423-30-0

 社会保障・社会福祉の根幹である生活保護。しかし、その受給者は急激に減らされ、そのために餓死・自殺などの悲惨な事態が頻発している。
行政改革の名のもとに激しい勢いで進む「福祉切り捨て」の実態を徹底取材し、告発し、その元凶を究明したルポルタージュ。
現在38刷に至る大ベストセラー! 福祉系学校のサブテキストとしても大好評。
日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書


真の社会保障めざして

中央社会保障推進協議会・編

1987年9月発行
1,500円(税別)

4-90042-326-2

シリーズ人間讃歌3
ぼくの歌きいてよ

-障害者のゆたかな未来をめざす
つゆはし作業所ホカホカコンサート奮戦記-

浜島康弘、小林一二 著

四六判/230頁 1986年5月発行
1,400円(税別)


4-900423-17-3

 くもりのないまっすぐな心、真剣なまなざし、そしてひたむきなうたごえがある!
 多くの人たちに“生きる素晴らしさ”を教え、人間として生きる美しさと勇気を刻みこんでいったホカホカコンサート。障害者が市民とともに手をとり合い、はげまし合って歩む姿を感動的に描く。


香焼町奮戦記
憲法を暮らしに生かす町

坂井孟一郎、岩本伉 著
清水秀記 写真

1985年9月発行
1,800円(税別)


4-900423-08-4

 「憲法を暮らしに生かす町」として名高い香焼町。三菱独占の城下町でありながら、戦後一貫して革新民主町政を進める香焼町。会社、右翼、勝共連合などが一体となっての革新町政転覆攻撃のすさまじさ、それと真正面から闘い、革新調整を守り発展させつづける町民たち。「日本地方自治の奇跡」といわれるこの町のドラマと住民本位の町政の中身を、町長らが記す迫力と感動のドキュメント。日本図書館協議会選定図書!


どうなるあなたの年金

庄司博一・他著

1985年9月発行
950円(税別)

4-90042-306-8

沢内村奮戦記
-住民の生命を守る村-

太田祖電、増田進、田中トシ、上坪陽 著

四六判/296頁 1983年3月発行
1,600円(税別)


4-900423-45-9

現在なお乳幼児医療・老人医療無料を続ける村。乳児死亡率日本一の「豪雪・貧困・多病」の村が日本一の健康村になるにいたる村ぐるみの奮闘のドラマ、そしてその根本となった「住民の命を守るのが行政の最大の責任」との「沢内村生命行政哲学」。それらを、村長、村立病院長、保健婦など当事者が総力をあげてつづる話題のベストセラー。


前のページ

TOPページへ