50音別図書案内

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

は行

 

ベル・フックスの「フェミニズム理論」

 ―周辺から中心へ

 

ベル・フックス/著 野ア佐和、毛塚翠/訳

2017年10月発行

2400円(税別)


   カタログPDF
ISBN978-4-87154-154-1

現代フェミニズム思想の教本の1冊と位置付けられているベル・フックスの代表作の翻訳本刊行。
女性差別問題を、階級格差、人種差別、そして仕事、家庭、子育て、暴力、性的抑圧など全面的な分析から考察する。また、フェミニズム運動の弱点、問題点も鋭く指摘し、運動の在り方も提起する。
フェミニズムとは一体、何なのか? ベル・フックスのフェミニズム理論が古びない理由はどこにあるのか?
女性だけでなく男性にも読んでほしい1冊です。


保育事故を繰り返さないために

  −かけがえのない幼い命のためにすべきこと

武田さち子/著 赤ちゃんの急死を考える会/企画・監修

A5判/144頁
2010年7月発行

1,400円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-094-0

 多発し続ける保育施設での乳幼児の死亡事故。その中には明らかな虐待による事件も少なくない。日本の貧しい保育政策、規制緩和、保育の市場化の流れがそれに拍車をかけていることも明らかに。わが子を亡くした親、法律専門家、保育関係者が共に考えあう画期的な一冊。事件・事故の数々を取り上げ、そこから原因を究明し、対策を提示する。

  大宮勇雄(福島大学教授・全国保育団体連絡会会長)、櫛毛冨久美(赤ちゃんの急死を考える会会長)、小山義夫(同副会長)、高見澤昭治(弁護士)、寺町東子(同)の座談会付き


防災という名の石原慎太郎流軍事演習
「ビッグレスキュー東京2000」の深謀

久慈 力 著
2001年3月発行
1,700円(税別)


ISBN4-87154-028-6

 全国の自衛隊を動員し、石原東京都知事が防衛庁・在日米軍と共同でおこなった前代未聞の大防災訓練「ビッグレスキュー東京2001」。しかし、それは「防災」に名を借りた「大軍事演習」ではなかったのか? 徹底取材と防衛庁内部文書などでビッグレスキューに潜む闇、問題点、危険性を明らかにした話題のルポルタージュ!
内田雅敏、辛淑玉、前田哲男氏推薦。


ホームヘルパーさん、「福祉の心」を大切に

 −憲法25条実現のために


赤星俊一/著
A5判・128頁 2010年3月発行

1,400円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-092-6

高齢化社会、在宅福祉重視の中でますますホームヘルプ労働は大切になってきています。「もっと利用者の方に寄り添いたい」―ホームヘルパーさんの願いです。でも忙しすぎる。どうしたらいいのでしょうか? ホームヘルプの歴史、意義、現状から一緒に考えてみませんか? 元福祉事務所ケースワーカーで、日本福祉大学教授の著者が熱く綴ったホームヘルパー論、ホームヘルプ労働改善の書。何をどう改善したらいいのかも提案します。


ホームヘルプの公的責任を考える
  -多面的徹底解明-

河合克義 編著
A5判/307頁 1998年6月発行
3,000円(税別)


ISBN4-87154-006-5

民間委託などによるホームヘルプの変質を追及する!

 本書は、ホームヘルプサービスの民間委託が進むなかで、その公的責任の今日的あり方を、住民の生活実態、政策の方向、地域の取り組み・運動および労働を検討することを通して、提起しようとするものである


シリーズ人間讃歌3
ぼくの歌きいてよ
  -障害者のゆたかな未来をめざす
  つゆはし作業所ホカホカコンサート奮戦記-

浜島康弘、小林一二 著
四六判/230頁 1986年5月発行
1,400円(税別)


ISBN4-900423-17-3

 くもりのないまっすぐな心、真剣なまなざし、そしてひたむきなうたごえがある!
 多くの人たちに“生きる素晴らしさ”を教え、人間として生きる美しさと勇気を刻みこんでいったホカホカコンサート。障害者が市民とともに手をとり合い、はげまし合って歩む姿を感動的に描く。


ボクのおいっこ


菊池盛昌 著

四六判/206頁 1994年7月発行

1,262円(税別)


ISBN4-900423-80-7

 ――という訳で、そいつが生まれてからというもの、ボクはアトリエに行く閑もないのだ。
 元気印いっぱいの甥っ子と愛すべき家族が繰りひろげるユーモラスでにぎやかな日々。家族っていいな……。ともかく、ユーモラスで、愉快な一冊です。そして、少しばかりホロリと――。


僕の好きな人へ

瀬川圭三・著

1993年3月発行
1,942円(税別)

4-90042-369-6

微笑がえし
-白血病とたたかう家族たちの絆-


遠藤允 著

四六判/223頁 1995年10月発行
1,553円(税別)


ISBN4-900423-94-7

 あなたの善意を少し分けてください。
 病いと立ち向かいながら、骨髄バンク運動を創り、繰り広げてきた人びととその家族のドラマ! 骨髄を提供して下さった方々に、そして全ての人に、今、微笑をかえしながら、この本を贈ります。骨髄バンクの大切さを、あなたに伝える一冊です。


微笑みかげんの階級闘争

労働組合を100倍楽しむために

原冨 悟/著

A5判/128頁
2010年12月発行

1,400円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-096-4

  「共感力のある労働組合運動を」。埼玉労連議長、全労連幹事、埼玉社保協事務局長など、労働運動、社会保障運動で活躍する筆者が、今の労働運動で大切なことは何かを、分かりやすく綴る楽しさ一杯の「労働組合運動論」「階級闘争論」。キャバレー店員なども経験し、若い頃からのギターで今も「原冨バンド」で時々ライブをする筆者ならでは一冊です。専門用語などには用語解説も。「特に若い方々に読んでいただきたい」との筆者の言葉です。7月31日投票の埼玉県知事選挙に「民主県政の会」統一候補として立候補。


前のページ

TOPページへ