50音別図書案内

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

は行

 


働く女性のメンタルヘルスがとことんわかる本


鈴木安名/著
四六判・208頁  2005年6月発行
1,400円(税別)


ISBN978-4-87154-061-2

  働く女性はストレスいっぱい。でも大丈夫! この本を読めば、目からウロコです。

 医師で(財)労働科学研究所メンタルヘルス研究グループ主任研究員の筆者が、心の病に悩む女性の側に立って、優しく、分かりやすく記します。イラストいっぱい、図表満載です。

 心の病を未然に防ぐための手立ても、重視して記しています。

 働く女性はもちろん、管理職や労働組合にも役立つ「予防と対策」の必読書。大好評です。


破綻臨海副都心開発
ドキュメント●東京を食い荒らす巨大利権プロジェクト

岡部裕三 著
1995年3月発行
1,553円(税別)


ISBN4-900423-85-8

 東京都民に莫大な借金を残しながら強引に進められる政・官・財癒着の大利権プロジェクト=臨海副都心開発。その利権構造の闇の実態を徹底取材で暴いたドキュメント。ジャーナリズム関係、マスコミその他で絶賛・大反響! 日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞の第2弾!


光満ちる明日への詩
手記●人は限りなく優しいもの

武井正代 著
2002年5月発行
1,000円(税別)


ISBN4-87154-036-7

 さとう宗幸さんとの親交、ハンセン病患者や白血病患者の方々との出会い、そして平和のこと、教育のことなど、病弱な一主婦がつづる珠玉のエッセイ集。筆者の優しさとひたむきさと力強さに満ち溢れた一冊です。


被爆者からの伝言


原爆の実相を語りつぐ

DVD付 被爆者からの伝言

日本原水爆被害者団体協議会 編
B4判・美装ケース箱入りセット
32枚の紙芝居/30分のDVD/
解説書/被爆地図など
2006年6月発行
8,000円(税別)



4-87154-069-3

 絶好の平和・原爆教材、修学旅行の事前教材として、またミニ原爆展として大好評。病院の待合室、ご家庭などでのDVD上映にも活用できます。
 日本原水爆被害者団体協議会創立50周年記念として特別企画制作!
 大好評前書のDVD化!
「日本中の全学校、全家庭に1セット置くことをお薦めします」――石田忠、大江健三郎、観世栄夫、榊莫山、佐藤忠良、新藤兼人、小倉修悟、外山雄三、岡下進一、羽仁進、森田俊男、吉永小百合、各氏推薦


病院で子どもが輝いた日

斎藤淑子、坂上和子・著

1995年9月発行
1,553円(税別)

4-90042-392-0

ひろがれ! 入院児保育
病院で子どもが輝いた日 増補改訂版

斉藤淑子・坂上和子/著
四六判・240頁  2004年7月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-055-1

 入院生活で小児がんや白血病などの難病と闘う子供たち。彼らにとっての大きな楽しみは、週に1、2度やって来る遊びのボランティアさん達。その遊びの時間を楽しみに、つらい治療に耐える子供たち…。 難病児のための病院内保育の大切さ、そこでの子供たちのいきいきした姿を、白血病児の母親と遊びのボランティアさんが全国の読者に訴える話題と感動の書。
  大田尭・元日本教育学会会長、鴨下重彦・国立国際医療センター院長、茂木俊彦・全国障害者問題研究会委員長ほか推薦。


病気になってもいっぱい遊びたい

小児病棟に新しい風を! 遊びのボランティア17年
病気になっても いっぱい遊びたい

坂上和子/著
四六判・240頁  2008年8月発行
1,600円(税別)


ISBN978-4-87154-077-3

  難病と闘う子供たちにこそ遊びの楽しさを! 

 小児がんなどの難病と闘う子供たち。そのつらくて長い闘病生活の大きな支えになっているのが「遊びのボランティアさん」。子供だけでなく看護に疲れた家族にとっても大切な存在です。日本ではまだほとんど知られていない取り組みが、欧米ではしっかりとした制度として保障されています。日本で「遊びのボランティア」の道を切り開いてきた保育士の著者がつづる感動の書。

 川上清子、宮坂勝之、柳田邦男、山崎美貴子各氏絶賛・推薦 。


ヒロシマ・ナガサキを世界へ
被爆医師の反核語り部世界行脚

肥田舜太郎 著
肥田舜太郎・大江健三郎 対談
1991年6月発行
1,456円(税別)



ISBN4-900423-48-3

 反核・平和を唱え世界各国を行脚するある高齢の被爆医師の軽妙にして重厚な手記。あるときは子ども達に原爆の悲惨さを語り、また大人たちと世界平和・核兵器廃絶のために語り合う。それぞれの国民がヒロシマ・ナガサキをどう知っているのか、核兵器、戦争についてどう考えているのかが生き生きと伝わってきます。著者と大江健三郎氏との対談付き!
 大江健三郎、吉永小百合ほか多氏推薦!


被爆医師の戦後史
ヒロシマを生きのびて


肥田舜太郎・著 林京子・寄稿
四六判/296頁 2004年2月発行
2,000円(税別)



ISBN4-87154-048-0

「核兵器廃絶!」「戦争反対!」「被爆者救援!」「住民のための医療を!」「働くものの未来を!」……。ヒロシマで被爆し、戦後、反核・平和、民主医療運動に奔走する熱血医師の自分史。
 反核運動、民主医療運動の生き生きとした歴史とドラマが満載の書。気概とエネルギー満載の書。芥川賞作家の林京子寄稿。莇昭三、安斎育郎、池田真規、石田忠、小川里津子、沢田昭二、山口仙二ほか推薦。


ルポ■非常事態ニッポン縦断

貧困と闘う人びと

寺久保光良/著
四六判・224頁 2004年9月発行
1,600円(税別)



ISBN978-4-87154-057-5

 急増する自己破産、ホームレス、自殺…。生活破壊の危機的な広がりにもかかわらず、情け容赦のない福祉切り削り。しかし人々は黙っていない。学資保険、高訴訟など、国を相手にした裁判での勝利が相次いでいる。すさまじい貧困実態とそこから起ち上がり闘う人間群像を描く。
  ベストセラー38刷『福祉が人を殺すとき』著者の渾身の列島縦断最新ルポ!
  日本図書館協会選定図書など高い評価。


スウェーデンはなぜ貧困をなくせたのか
貧困にあえぐ国ニッポンと

貧困をなくした国スウェーデン


竹ア 孜/著
A5判・172頁 2008年11月発行

1,600円(税別)



ISBN978-4-87154-078-0

  まずは徹底した就労保障による貧困予防、そして万が一の時のセーフティネット充実のスウェーデン。この国では大企業優遇税制など論外…等など。世界有数の貧農国が世界一の生活大国になぜなれたのか? 日本との違いはどこにあるのか? 「国民は重税にあえいでいる」は本当なのか? 元ストックホルム大学客員教授、在スウェーデン日本大使館専門調査員の著者がわかりやすく解き明かす。好評スウェーデンシリーズの第5弾!


武器輸出大国ニッポンでいいのか

 

池内了、古賀茂明、杉原浩司、望月衣塑子/著

四六判/192頁
2016年9月発行

1,500円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-148-0

武器輸出禁止3原則の突然の撤廃、無人偵察機をイスラエルと共同研究、防衛省2017年度で軍事研究助成18倍に、武器輸出を前提とし、根幹に据えたアベノミクス…。安倍政権下で急速に進む「死の商人国家」「学問の軍事利用」。このままでは、学問の自由が脅かされる、日本は武器輸出大国になる、テロの最高ランクの標的になる。その恐るべき実態を告発し、警鐘を鳴らす、著名執筆陣が記す渾身の集団労作。
執筆陣は、池内了(名古屋大学および総合研究大学院大学名誉教授)、古賀茂明(元経済産業省官僚)、杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク=NAJAT代表)、望月衣塑子(東京新聞社会部記者)。


福祉が人を生かすとき
-「落ちこぼれ」たちの勉強会-

建石一郎 著
四六判/245頁 1989年10月発行
1,500円(税別)


ISBN4-900423-39-4

 真のヒューマニズムがここにある!
 俺だって、高校に行きたい!「つっぱり」「落ちこぼれ」の彼らがそう叫んだとき、貧困からの自立をめざすドラマが始まった。国の福祉切り捨て・弱者いじめが進むいま、福祉の原点を守り続ける福祉従事者たちがいる。
※全国学校図書館協議会選定図書。


「福祉」が人を殺すとき
-飽食時代の餓死-

寺久保光良 著
四六判/262頁 1985年3月発行
1,600円(税別)


ISBN4-900423-30-0

 社会保障・社会福祉の根幹である生活保護。しかし、その受給者は急激に減らされ、そのために餓死・自殺などの悲惨な事態が頻発している。
行政改革の名のもとに激しい勢いで進む「福祉切り捨て」の実態を徹底取材し、告発し、その元凶を究明したルポルタージュ。
現在38刷に至る大ベストセラー! 福祉系学校のサブテキストとしても大好評。
日本図書館協会、全国学校図書館協議会選定図書


福祉国家崩壊から再生への道
21世紀生活大国ニッポンへの提案

芝田英昭 編著
田邊隆聖、戸嶋哲也、江本淳 著
A5判/224頁 2001年2月発行
1,800円(税別)


ISBN4-87154-027-8

 崩壊する社会保障理念、及び各分野ごとの将来像を描き、
その再生策を提言する、わかりやすさ抜群、気概満杯の意欲作!

未来を学ぶ絶好のテキスト
このままでは21世紀日本の福祉は崩壊する――
崩壊をくい止め、再生への道を提案することが今、大切なのだ!
研究者と現場専門家との画期的集団労作


日本被団協50年史

ふたたび被爆者をつくるな


日本原水爆被害者団体協議会/編
A5判・上製本・セット箱入り(分売可)

 2009年5月発行
本巻480頁 7,000円(税別)

別巻320頁 5,000円(税別)

 


本巻 ISBN978-4-87154-079-7

別巻 ISBN978-4-87154-080-3

 被団協は「ヒバクシャ」を国際語にし、ノーベル平和賞に4度最終ノミネートされた広島・長崎の被爆者で作られた組織 。被爆の実相を網羅し、核廃絶を願う歴史的大労作。被爆者が半世紀を超えて訴え、求め続けてきた闘いの記録、後世に遺すべき貴重な史実、資料の集大成。日本中の図書館に是非必備を。そして、全国民、特に時代を担う若い方々に読んでいただきたい刊行物です。内容詳細カタログを送付します。小社までご連絡を。日本図書館協会選定図書


不良だった僕が福祉で働くワケ

不良だった僕が福祉で働くワケ

飯嶋進哉/著
四六判/160頁 2007年1月発行
1,400円(税別)



978-4-87154-071-1

 小・中の頃は「不良」で「成績最悪」。その後、手話に出合い、福祉ボランティアの道に。24時間TV「愛は地球を救う」に手話通訳で出演など、活動にのめりこむ。
 現在、特養ホーム介護支援専門員。「手話アーティスト」「手話のお兄さん」としても大活躍。これまでに400回を超える講演や手話コンサートで「人間にクズはない」「本当の生きがいとは」等を優しく語り続け、大きな感動を呼んでいる。新聞・テレビで話題の書!


平成へき地医療騒動記
-村医者から見えたおカミの偏差値-

滝沢清 著
四六判/221頁 1996年12月発行
1,600円(税別)



ISBN4-87154-001-4

 厚生行政のデタラメ、腐敗ぶりは全国津々浦々の山間へき地にまで及んでいる。行政の理不尽さに業を煮やした筆者がぶちまける痛快・ユーモラスなてん末記。


平和への学問の道
ドキュメント●名古屋大学平和憲章

名古屋大学平和憲章制定実行委員会 編著
1987年9月発行
1,300円(税別)


ISBN4-900423-27-0

「我々は、世界の平和と人類の福祉を志向する学問研究に従い、主体的に学び、平和な社会の建設に貢献する有能な働き手となることを目指す。……いかなる理由であれ、戦争を目的とする学問研究と教育には従わない。……」――名古屋大学は全学投票でこの『名古屋大学平和憲章』を採択した。国際的にも注目を浴びるこの憲章の内容と制定に至るドラマをつづるドキュメント!


平和への伝言

藤原彰・監修、森村誠一・寄稿、高木敏子・お話

1987年6月発行
2,950円(税別)

4-90042-324-6

次のページ

TOPページへ