50音別図書案内

クリックマークの出る表紙はクリックすると大きくなります

あ行

 


朝日訴訟から生存権裁判へ

  −いま、改めて「朝日訴訟=人間裁判」から学ぶ

生存権裁判を支援する全国連絡会/編

A5判/80頁  2014年5月発行

800円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-124-4

憲法25条に保障された「人間らしい生活」を求めて裁判に訴えた朝日茂さん。「人間裁判」と言われ、社会保障闘争の象徴であった「朝日訴訟」の意味を、生活保護切り捨ての今、改めて学び、考え合う一冊。

生活保護を受けさせない、生活保護費を切下げる等の政治がますますひどくなっている今、ついに、1万人を超す生活保護利用者が行政に対して、「審査請求」「裁判闘争」へと起ちあがった。かつてない歴史的な大闘争が、今始まりつつある。


ドキュメント・銀行の預貯金過誤払い責任を問う

預けたお金を返してください!

矢吹紀人/著

ひまわり草の会、預貯金過誤払被害対策弁護団/編

四六判/240頁
2009年7月発行

1,600円(税別)


     カタログPDF
ISBN978-4-87154-085-8

  盗難や偽造された通帳やカードで、自分の口座からいともたやすく預貯金が引き出された被害者たち。銀行に訴えても、銀行は何の責任も負おうとしない。警察に訴えても、真剣に対応してくれない…。先進諸国では銀行の非が認められているにもかかわらず、日本では被害者は泣き寝入りを余儀なくされてきた。判例も銀行に有利なものばかりであった。しかし、彼らは起ちあがった。そして、集団訴訟の末、銀行に勝った。預貯金者保護法も制定させた。
柳田邦男氏絶賛・推薦の渾身のドキュメント。


あの水俣病とたたかった人びと
-21世紀への伝言-

矢吹紀人 著


四六判/247頁 1999年6月発行

1,600円(税別)

ISBN4-87154-018-9

怒りの涙、つらすぎる涙、そして感動の涙。
あの許しがたい事実を過去のこととして葬り去ってはならない。
水俣病ゆえに夫婦、家族のきずなを破壊され、故郷を捨てざるをえなかった被害者たち。本書は彼らの命がけの闘いと、それを支え、ともに闘った人びとの感動のドラマである。


安倍壊憲クーデターと
メディア支配

 −アベ政治を許さない

 

丸山重威/著

四六判/200頁  2015年8月発行

1,400円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-135-0

戦争立法絶対反対! 憲法破壊を許さない! 民主主義を守れ!
わたしたちは絶対にあきらめない! この国民の声は不変です。
この運動の全国的高まりを網羅し、歴史的な意味を再確認します。
安倍政治の底流は何か? それを支えているものは誰か、何か? それらを整理。
安倍戦略の柱であるメディア支配にも焦点を当て掘り下げる。
戦争立法廃案、これからを闘うための渾身の書。
筆者は元共同通信記者、関東学院大学教授


安倍首相への手紙

 −ストップ秘密保護法! 信州300人発

   

信州ML管理人会(代表・毛利正道)/編

B5判/288頁  2014年5月発行

1,000円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-123-7

13人の著名人が長野県民に呼びかけた 「秘密保護法反対! 安倍首相への手紙」運動。 ただちに、多くの県民から手紙が寄せられました。
平和を願う痛切な声、
民主主義を踏みにじる者への怒りの声、

子や孫の未来のためへの切実な声…。
それらの数々を収録。
珠玉の一冊です。


安倍政権の医療・介護戦略を問う

  −その危険な狙い、そして真の改革への対案

芝田英昭/編著

曽我千春、鶴田禎人、寺尾正之、長友薫輝、M畑芳和/著

A5判/152頁  2014年6月発行

1600円(税別)


     カタログPDF 
ISBN978-4-87154-128-2

 「医療・介護総合法」「TPP]などで、日本の医療・介護はどうなってしまうのか? 

安心して受けることのできる医療・介護のために何をどうしたらいいのか? 

国民へは、自己責任のさらなる押し付け、

企業へは、医療・介護を利潤追求の場に、

米国へは、日本への市場開拓の道へ。

安倍戦略の先にあるものは何か!?

問題を整理し、対案を提示する。


あゆみの明日物語 うたごえ天国
ハード・ウーマン・ロマンス

白 六郎 画


1995年6月発行
680円(税別)

ISBN4-90042-389-0

 憧れの出版社に就職できた短大卒のあゆみ。配属されたのは女性月刊誌の編集部。夢かなったあゆみは残業・激務も何のその、バリバリと仕事に励む。しかし次第に会社のおかしさに気づき、労働運動にも参加していく彼女……。今日の職場状況を鋭くもユーモラスに描いたソフトタッチ劇画!


安全で質の高い医療を実現するために

 

日本弁護士連合会/編

A5判・360頁 2009年6月発行
2,800円(税別)

 

      カタログPDF
ISBN978-4-87154-083-4

  医療事故の防止と被害救済のあり方を、患者側、医療側、法律専門家がともに考え、提言する画期的な一冊。日本に比べ格段に進んでいる欧米諸国の事故調査と被害救済の制度・システム。それらも紹介しながら、日本でなぜ遅れているのか、その元凶を明らかにし、改善の道を整理する。今焦眉の課題となっている「医療安全調査委員会制度」の実情と問題点も整理し、日弁連としての詳細な提言も収録。関係者必携の書。


怒りの島びと証言録 三宅島9・1
島民の証言とルポとフォト・ドキュメントでつづる

寺澤晴男 他著


1988年9月発行
1,400円(税別)


ISBN4-90042-333-5

 米軍基地建設に反対して起ち上がった三宅島の人々。国は大量の機動隊を三宅島に送り込んで、無抵抗の抗議を続ける島民たちに襲いかかり、基地建設を強行しようとする。しかし、島民の粘り強い闘いの末、ついに日米両政府は基地建設を断念する。小さな島が日米両政府を打ち破ったのだ。島民多数の証言と写真でつづる闘いの貴重なドキュメント!


生きづらい世を生き抜く作法

 

雨宮処凛/著

四六判/216頁  2016年9月発行

1,500円(税別)


   カタログPDF
ISBN978-4-87154-147-3

今の時代、戦争法強行成立、原発再稼働、貧困・非正規の蔓延、待機児童、いじめ、自己肯定感のはく奪、同調強制などなど、生きづらさいっぱい。時代をしっかり見据え、しかし肩の力を抜いて、自分を大切に生きること―。いじめやリストカットを体験し、キャバ嬢、右翼にも身を置いた著者が味わい深く、軽妙に記したエッセイ集。
「あなたのやるせなさ、違和感に効く言葉きっとあります」と著者は帯で訴えます。悩める人、困っている人に寄り添った、優しさと温かさ、そして強さ満載。 「生きてて良かった!」―読みながら、そして読んだ後、きっとそんな気持ちにさせてくれる一冊です。


石原慎太郎の福祉改革を徹底解剖する
国の政策を先取りする「東京発! 市場原理福祉」
浅井春夫 編
浅井春夫、市橋博、小野塚洋行、黒田邦夫、
実方伸子、高橋誠、野村幸裕、二見清一 著
A5判/136頁 2002年7月発行
1,429円(税別)


ISBN4-87154-040-5

 障害者、高齢者などの「社会的弱者」を蔑視する石原慎太郎東京都知事。彼が進める「TOKYO 福祉改革」は血も涙もない弱者切捨て政策であリ、国の政策を先取りするものである。そのとんでもない内容を児童福祉から高齢者福祉までの諸分野について、それぞれ第一線で活躍する筆者がわかりやすく明らかにする。


いじめ・体罰家庭と学校

君和田和一・著

1986年3月発行
1,100円(税別)

ISBN4-90042-314-9

いじめはなくせる

能重真作・著

1985年11月発行
1,200円(税別)

ISBN4-90042-309-2

いじめを発達のバネに
シリーズ●なくそう!いじめ・体罰・
いじめをきっかけに、より確かな集団づくり実践

西尾恒敬 他著

1985年12月発行
1,200円(税別)


ISBN4-90042-312-2

 いじめっ子、いじめられっ子がぐんぐん変わっていった実践集。生命教育、日記作文、いじめより楽しい集団遊び、親と教師の連携……などを通して、いじめを解決していった教師たちの集団執筆。全国の教師に大きな反響とはげましを呼んだ書。


いつか、あえるね

指田志恵子・著

1998年7月発行
1,800円(税別)

4-87154-012-X

一歩後退二歩前進

 

西川宜秀/著

四六判/40頁  2014年7月発行

500円(税別)


  
ISBN978-4-87154-130-5

統合失調症で長期入院の筆者は、平和、貧困、生活保護などの問題に必死に向き合い、可能な限り様々な社会的活動に参加します。自らの思いと生活の姿をひたむきにつづった短編エッセイ集。人としての優しさにあふれた一冊です。

精神障害者ゆえに近隣住民から迷惑がられる実態、精神病院の人権無視の保護室の実態もありのままに訴えます。

『精神障害と生活保護』の続刊


田舎から東京へ
わが青春の半生記

加藤勝四郎 著

1991年7月発行
2,000円(税別)


ISBN4-90042-349-1

 東北地方の片田舎から単身上京した筆者が独学・苦労の末、税理士となり、今に至る自らをつづった半生の記。激しくも純真な恋愛、うたごえサークルでの活動、60年安保闘争など、その時代を誠実に生きた筆者の姿。


ドキュメント●薬害ヤコブ病とたたかった人びと
いのちを返せ!

矢吹紀人/著

薬害ヤコブ病闘いの記録編集委員会/企画・編集


四六判/240頁

2004年3月発行
1,600円(税別)


ISBN4-87154-050-2

 瀬戸内寂聴、川田龍平氏が推薦の感動の書!
国と企業の犯罪を追及し、全面勝利した「薬害ヤコブ病訴訟」。被害者達の苦しい闘いとそれを支えた人々の人間ドラマを描いたドキュメント。薬害根絶への闘いのドラマ。
 被害者原告団、弁護団、支援する会三者が編集委員会を作り、後世に語り伝えるために企画・編集した画期的出版。
 怒りの涙、つらすぎる涙、そして感動の涙いっぱいの一冊です。


医療ソーシャルワーカー日記

長島喜一・著

1992年10月発行
1,650円(税別)

4-90042-362-9

NHKが危ない!

 −「政府のNHK」ではなく、

   「国民のためのNHK」へ

池田恵理子、戸崎賢二、永田浩三/著

四六判/232頁  2014年4月発行

1,600円(税別)


   カタログPDF 
ISBN978-4-87154-122-0

「いまNHKは、戦後の放送史の中で、これまでになかったような危機に直面しています。本書は、この危機がどのようなものかを明らかにし、克服するために何が必要かを考えるために作られました。
執筆者は全員NHK出身者です。3人とも現場で、ディレクターやプロデューサーとして番組を作ってきました。その経験から、今のNHKの危機をまるで皮膚で感じるように、自分の身にひきつけてとらえています」(本書「まえがき」より)


老いが老いを介護するということ
-高齢夫妻の老親介護奮戦記-

高橋和夫 著

四六判/166頁 1998年9月発行
1,600円(税別)

ISBN4-87154-013-8

知恵と元気いっぱいの自戦記!
70歳代の高齢夫妻が、90歳過ぎの両親を介護する。その切迫した日々をつづる手記。そのとき嫁姑・兄弟姉妹は、病院・施設・行政は……。


ドキュメント・徹底追究

大赤字を隠して進む仙台地下鉄東西線

高橋 梓/著

美しい仙台を創る会/監修

四六判/224頁
2010年10月発行

1,600円(税別)


    カタログPDF
ISBN978-4-87154-095-7

  ごまかしの利用者予測、赤字必至の杜撰な将来計画、杜の都の貴重な緑の強引な伐採…。多くの専門家・市民から疑問噴出の「無駄な公共事業」。このとんでもない公共事業がなぜ拙速に進められるのか…。弁護士・研究者・ミュージッシャンなど、多くの市民が起ちあがった。この建設計画の内実・問題点を徹底追究し、事業に反対する市民たちのたたかいを描く迫真のドキュメント。

全国各地で繰り広げられる無駄な公共事業の典型をここにみる。


奥久慈・大子町の地名

菊池国夫 著
4,000円(税別)


ISBN4-87154-041-3

 地名の由来を丹念に調べあげた渾身の大労作! 貴重な地誌資料、そして日本語ルーツの探訪の書。 「知名についての詳細な研究書かと思って読み始めました。しかし、地名や日本語のルーツ、アイヌ語との関係などがたいへん面白く知ることができました。良い意味での雑学書であり、日本語ルーツの謎解きの本でした」(ある読者からのお便り)


親の世話 ヒトに任せてボランティア

  −福祉の見方・考え方


坂巻 煕/著
A5判・176頁 2010年4月発行

1,600円(税別)


     カタログPDF
ISBN978-4-87154-091-9

   元毎日新聞記者・論説委員、淑徳大学教授、日本福祉大学客員教授であった著者は、今、私財を投じての障害者授産施設を設立。「モノ・カネ優先、競争原理で強い者勝ちの社会」「エセNPO、福祉ビジネス、貧困ビジネス横行の社会」に我慢ならない、「そんな思いが、本を出す気持ちになりました」(本書あとがき)。著者は東京都ボランティアセンター理事などを務めるだけに、ボランティアの心得、注意点などもよくわかります。ユーモラスで実践的な一冊です。


TOPページへ