目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき

 総論と資料解説 年金「改悪」の最新局面―――――公文 昭夫 


はじめに●年金とはなにか−憲法理念の生きる年金改革を


1節●日本の年金制度の現状−要点をわかりやすく整理すると
   1 年金制度の3つのタイプ
   2 公的年金制度のあらまし

2節●年金制度「改定」の歴史とその問題点
  1 04年「改定」への流れ
  2 公的年金制度の基本的問題点

3節●04年年金「改定」法案への軌跡
 1 目くらましの役割(女性の年金検討会)
 2 04年年金「改正」案の本格的タタキ台の提唱
 3 財界と財務省、経済産業省などの抵抗
 4 厚生労働省年金改革案、与党合意から最終段階へ

4節●最終政府案の主な内容−国民にどんな痛みをおしつけるのか
 1 保険料35%引上げ・年金額15%ダウン
 2 またも先送り・基礎年金への国庫負担額増
 3 パートの厚生年金適用は見送り、年金分割実施
 4 100年の「不安心」とオートマチックな「改定」」節●私たちの求める改革案−真の年金改革めざして
 1 基本的な政策課題
 2 当面する政策課題


 最新資料編 

  @今次年金制度改革についての意見(日本経済団体連合会)
  A年金制度改正に関する意見(社会保障審議会年金部会)
  B年金改革に当たっての基本的考え方(経済産業省)
   「年金問題連絡会議」について(同上)
  C「持続可能な安心できる年金制度の構築に向けて(厚生労働省案)」の概要
  D平成16年年金制度改革について(2004年2月4日、与党合意)
  E平成16年年金制度改正案の概要(2004年2月10日、閣議決定)
   国民年金法等の一部を改正する法律案(同上)
   国民年金法等の一部を改正する法律案要綱(同上)
   年金積立金の運用組織の改革案(同上)
   年金積立金管理運用独立行政法人法案要綱(同上)
  F「年金改悪法案」の閣議決定、国会提出に抗議する(全労連)
   「抜本改革なき給付削減・保険料アップ」の撤回を求める(連合)
  G女性の年金の在り方に関する検討会報告書(厚生労働省)