目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

はじめに

ディレクターの仕事

大岡先生の思い出
「良い先生」の話
夢中歩行―ディレクタ―日記抄(1996年2月〜4月)
テレビ・映像表現に関する覚書

教育を問い直す

魂に蒔かれた種子―哲学者・林竹二ノートより
授業の中で青年と出会うということ
キャンパスの日々から―2004年春

記憶の淵より

長良川が揺籃だった―小学校時代
マルクス・方丈記・小林多喜二との出会い―高校1年生

いのちにふれる日々

妻、くも膜下出血で倒れる

著者紹介