目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

第1章 メンタルヘルスと現代
 1 町医者の実感するメンタルヘルスの悪化
 2 日本のビジネスマンがうつ病になるということ
 3 グローバル化するメンタルヘルスの悪化
 4 メンタルヘルス悪化への誤解
 5 心の病は「自己責任」か?

第2章 「心の病」とはどんな病気か
 1 うつ病
 2 その他の主な精神疾患―躁病、パニック障害、アルコール依存症、心身症

第3章 ワーキングパワーと「心の病」
 1 消費されるワーキングパワー
 2 ワーキングパワーの不思議な性質
 3 逆立ちするワーキングパワーの「消費」と「生産」

第4章 「心の病」のメカニズム
 心の病とストレス
 職場とストレス

第5章 職場のメンタルヘルス
 1 1人の発病は職場の赤信号
 2 組織レベルでの予防という骨太の方針
 3 対策の担い手は誰?
 4 メンタルヘルス対策の経済効果
 5 職場での対策のデザイン
 6 すべての対策の土台「ストレスへの気づき」
 7 労働組合の対策
 8 個人のメンタルヘルスケア

参考資料

あとがき