目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき

プロローグ これが住民運動だ
 ある日の委員会
 紙上録音「双方協議」その@
 紙上録音「双方協議」そのA
 専門家の協力
 改善された「ワーデンの役割」
 陰で支えた「すぎなみ福祉ダイヤル」

1章 杉並・老後を良くする会の歩み
 出産前夜
 産声の日
 初期のころの活動
 ボランティア活動・反省会から
 ボランティアのこころ
 「杉並方式」をつくった給食サービス
 盛り上がった給食サービス有料化反対運動
 小規模多目的施設づくり運動
 旺盛な学習活動
 25年以上のボランティア活動を支えたもの

2章 友愛の灯協会の歩み
 難産を経て
 友愛の灯協会の概要
 ボランティア相談・実習生の受け入れ
 デイ・サービス
 友愛ヘルプ
 ハンディキャプ

3章 新しいホームをつくる会の歩み
 ケアつきアパートの管理人になって
 「新しいホームをつくる会」の設立
 「ふれあいの家」からケアつきアパートへ
 民間非営利団体として全国初のケアつきアパート
 ケアつき住宅とは
 住民による住民のための活動計画づくりへ

4章 「住民立」社会福祉法人の誕生
 法人設立の芽生え
 またも、陣痛の苦しみ
 サンフレンズの理念・運営方針と応援団
 飛び立て! サンフレンズ

終章 新たなる旅立ち−特養ホーム運営
 ある日の理事会
 杉並区立特別養護老人ホームがオープン
 サンフレンズ応援団の拠点・西荻あっとホーム

あとがき
年表 杉並のとりくみ25年(別刷とじこみ)