目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき

第1章 社会福祉をどうとらえるか−より人間的な社会福祉であるために
 1 第二次世界大戦後の社会福祉の到達点
 2 社会福祉のいまを考える視点
 3 社会福祉はどうあるべきか

第2章 新自由主義の福祉政策とはなにか−福祉“ビッグバン”のゆくえと国民の社会福祉権
 はじめに−新自由主義をめぐる世界的潮流とわが国の動向
 1 新自由主義の人間観・福祉観
 2 新自由主義の具体的な政策展開−アメリカの場合
 3 社会福祉基礎構造改革にみる新自由主義的政策
 まとめにかえて−新自由主義の具体的展開とこの国の福祉のゆくえ

第3章 介護保険と福祉のビジネス化−福祉の契約化・商品化はなにをもたらすか
 はじめに−福祉のビジネス化は高齢者福祉をどう変えるか
 1 介護保険制度と高齢者福祉政策の展開
 2 介護保険法における直接契約制度の問題点
 3 基礎構造改革の第一段階としての八法「改正」
 4 新自由主義の社会福祉像−この国の福祉のゆくえ

第4章 「社会福祉法」は何をどう変えるのか−社会福祉事業法等「改正」の基本的なねらい
 1 法改正のねらい
 2 社会福祉事業法から社会福祉法へ
 3 障害者福祉サービスの利用制度化と支援費支給システム
 4 社会福祉における「基礎構造」とはなにか
 5 措置制度と契約制度の基本的なちがい
 6 契約制度化にともなう問題点
 7 もうひとつの隠された落とし穴
 8 社会福祉法の基本構造の問題点
 9 社会福祉法成立後の課題を考える
 10 市場原理は真の社会連帯を阻害する
 11 いのちとくらしを守る国・自治体の責任は

第5章 新自由主義と社会福祉実践のゆくえ−福祉の市場化は現場実践にいかなる影響を与えるか
 はじめに−基礎構造改革は福祉実践をどこに導くか
 1 福祉の市場化とはなにか
 2 社会福祉実践の二面性
 3 社会福祉分野にみる市場化による福祉実践の変容
 4 社会福祉実践の変革のために
 まとめにかえて−誰のために、何をするかを問い続ける実践を

資料編
 資料@ 社会福祉事業法改正内容新旧対照表(抜粋)
 資料A 身体障害者福祉法改正内容新旧対照表(抜粋)
 資料B 児童福祉法改正内容新旧対照表(抜粋)