目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき
序 章 新自由主義・市場原理主義の台頭
 新自由主義の再台頭
 福祉の市場化をめぐる指標
 現在の社会保障・社会福祉の情勢をどう読むか


第1章 社会福祉基礎構造改革の動向
 はじめに―社会福祉基礎構造改革は日本の福祉をどこに導くか
 1 社会福祉における「基礎構造」とはなにか
 2 社会福祉基礎構造改革の登場の経緯
 3 基礎構造改革で何がどう変わるのか
 まとめにかえて―社会福祉基礎構造改革は福祉実践をどこに導くか

第2章 措置制度と契約制度
 はじめに―措置制度への攻撃の手法
 1 その基本的なちがい
 2 契約制度のいろいろと問題点
 3 措置制度改革試論
 4 公的責任論再論―社会福祉における公的責任とは何か
 まとめにかえて―具体的な提案・提言を研究課題に

第3章 保育・児童福祉の分野では
 はじめに―課題の設定と限定
 1 措置制度批判の特徴―措置制度はどう理解されてきたか
 2 措置制度とはいかなる制度か
 3 児童福祉法第24条の改正の評価について
 4 利用契約制度の内容と方向
 まとめにかえて―郵便局の数ほど認可保育所を!

第4章 介護保険の位置
 はじめに―介護保険の2年間で明らかになってきたこと
 1 わが国における新自由主義的政策の展開
 2 高齢者福祉政策における介護保険制度の展開
 3 介護保険法における制度上の問題点
 4 8法「改正」と新自由主義政策における介護保険の位置
 まとめにかえて―介護政策における「公的責任」のゆくえ

第5章 社会福祉実践はどう変わるか
 はじめに―社会福祉法成立は福祉サービス直接購入制度への一歩
 1 介護保険にみるケアマネージャーの実態
 2 実践内容からみる措置制度と利用契約制度のちがい
 3 社会福祉実践はどう変容していくか
 4 実践的にどう対応していくか
 まとめにかえて―自由競争原理の導入は福祉サービスの質を保障するか

終 章 新自由主義イデオロギーの非福祉性
 新自由主義の特徴
 新自由主義の具体的展開
 新自由主義イデオロギーの虚構性

あとがき