目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき――――竹下 義樹

1章●生活保護改革に問われるもの――――大友 信勝 
 はじめに
  1.わが国の生活保護制度の特徴
  2.生活保護制度改革の二つの道
  3.生活保護制度の仕組みと運用
  4.生活保護制度の改善・改革の問題
  5.セーフティネットの構築を

2章●どうなる生活保護制度「改革」改革
 〔1節〕生活保護制度「改革」の論点と今後の展望――――岡部  卓
  はじめに
   1. 「生活保護制度の在り方に関する専門委員会」の設置の背景と位置づけ
   2. 論点1−制度の水準に関わる論点
   3. 論点2−制度の仕組みに関わる論点
   4. 論点3−実施体制と援助に関わる論点
   5. 生活保護改革の課題と展望
 〔2節〕何をどう「改革」しようとしているのか――――布川日佐史
  はじめに
   1 .「中間取りまとめ」のポイント
   2. 生活保護の体系と生活扶助基準額の決定方法
   3. 生活扶助給付水準の妥当性の検討−成果と問題点
   4. 加算の検討
   5. 今後の課題−「中間取りまとめ」が提起した課題
  おわりに

3章●訴訟などにみる生活保護の運用実態――――吉永  純
  1. 新たな段階に入った生活保護争訟
  2. メール相談から浮かび上がる課題
  3. その他の課題―危機のサインを見逃すな
  4. まとめ―生保改革は争訟や現場で問われた論点を踏まえたものに

資 料 編
 @ 生活保護制度の在り方についての中間取りまとめ
   (生活保護制度の在り方に関する専門委員会)
 A 生活保護制度の在り方についての中間取りまとめ 関係資料(同上)
 B 生活保護制度改正についての申入れ(全国公的扶助研究会)
 C 生活保護制度の在り方の見直しに関する要望
   (NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ)
 D 専門委員会への要望書(扶養義務問題研究プロジェクトチーム)
 E 訴え「母子家庭の実状と生活保護の役割」
 F 生活保護制度改革についての緊急アピール
   (生活保護改革を考えるシンポジウム実行委員会)
 G 中嶋学資保険裁判最高裁勝訴にあたっての声明
 H 中嶋学資保険裁判最高裁判決(全文)
 I 生活保護制度に関する略年表
 J 生活保護基準・実施要領等に関する略年表