目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

プロローグ

1章 アメリカ医療保険制度の概要
  1 アメリカ医療保険制度の歴史
  2 メディケアとメディケイドの現状
  3 マネジド・ケアとその影響
  補論 マネジド・ケア組織の概要

2章 今、診療現場で起きていること
  1 無保険者が駆け込む救急救命室
    ――マサチューセッツ総合病院救急救命室

  2 アメリカ産婦人科医療の変貌
      ――「ドライブスルー出産」その後

3章 医療供給側へのマネジド・ケアの影響
  1 保険会社からの診療抑制の実態
  ――アメリカの医師の現状
  2 歯科HMOとPPOをめぐる諸事情

  ――アメリカの歯科医師の現状
  3 薬剤給付管理と薬局生き残り戦略
  ――アメリカの薬局の現状

4章 医療機関連合と保険会社の苦悩
  1 巨大化するプロバイダー・グループ
  ――ケア・グループ社紹介
  2 マネジド・ケア業界の憂うつ
  ――ブルークロス・ブルーシールド社紹介

5章 住民の医療を守るとりくみの萌芽
  1 地域住民を大切にする保険会社の活躍
  ――ネイバーフッド保険会社の活動
  2 「納得できる看護」獲得のストライキ
  ――マサチューセッツ看護協会の活動

6章 医療防衛特別委員会にみる良心的医療者群像
  ――ヒンメルシュタイン医師へのインタビュー
  ヒンメルシュタイン医師が語るアメリカ医療の問題点
  ヒンメルシュタイン医師との質疑・懇談

7章 日本医療改革の根本問題を考える
  1 日本医療の変革をなしとげる力は何か
  ――アメリカ医療から「学ぶ」べきこと
  2 国民が安心できる高齢者医療制度・診療報酬制度をめざして
  ――医療改革に対する全国保険医団体連合会の提言
  提案にあたって
  高齢者医療制度改革に対する提言
  国民の生命と安全を大事にする立場で「高薬価構造」の改革を
  患者負担増となる混合診療拡大でなく、保険給付の拡充で十分な医療保障を
  医療の公益性にもとづく医療提供体制の充実を
  不況打開のためにも社会保障の充実で将来不安の払拭を

エピローグ
  視察団参加者一覧・視察日程表