目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

まえがき

一章 高齢化社会は経済的に十分支えられる

二章 現行年金制度はなお低水準で格差が大きい

三章 現行制度に固執した年金財政危機論

四章 年金制度の枠組みの大胆な改革が必要


五章 現行年金財政危機の一因は積立金の減価


六章 高齢者の介護は公的責任制で進めるべきだ

七章 医療費増加問題の正しい経済学的分析を


八章 公的保障拡充と「国民負担」増加の経済的余裕はある

九章 「国民負担」の増加を消費税に求めてはならない


あとがき