目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

はじめに
◆介護保険で納得のいかないことがたくさんありますが…
◆「人間の生活から制度を見る」ことが大切

1章 介護保険制度の利用法
 1 誰が介護保険に入れるの?
  Q1 どのような場合に加入するのでしょうか?
  Q2 次のような場合には、介護保険は適用されるのでしょうか?
   (1)他の市町村に住民票を置いている場合
   (2)生活保護を受けている場合
   (3)ホームレス(野宿者)の場合
   (4)オーバーステイ(在留期限切れなど)の外国人の場合
 2 介護保険料が払えない
  Q3 高齢者夫婦ですが保険料が高すぎて払えません
  Q4 介護保険と国保の保険料が払えず、保険証がもらえません
  Q5 保険料を滞納しているので、介護サービスを制限するといわれました
 3 「要介護認定」で困ったら
  Q6 介護保険で介護サービスを受けるには、どうしたらよいのですか?
  Q7 要介護認定にはどのような問題があるのでしょうか?
  Q8 認定で「損」をしないためにはどうしたらよいのですか?
  Q9 認定を変えるにはどうすればよいのでしょうか?
  Q10 45歳でも介護保険は利用できるのですか?
 4 ケアマネージャーとケアプラン
  Q11 よいケアマネージャーの選び方は?
  Q12 ケアプランとはどのようなものですか?
  Q13 今のプランでは状態が悪化してきていますが、どうすれば?
  Q14 ケアプランを頼んだところ断られました
  Q15 ケアマネージャーに自分の会社のヘルパー利用を押しつけられました
 5 「契約」で気をつけること
  Q16 介護が「契約」になったといわれますが、どういうことですか?
  Q17 契約の際に気をつけたらよいことを教えてください
  Q18 高額の「キャンセル料」を請求されました
 6 在宅サービスについて
  Q19 ホームヘルパーに不満があります
   (1)ヘルパーは交代してもらえないのでしょうか?
   (2)利用者の家族の世話はできないと断られました。
 7 介護保険施設について
  Q20 要介護度の低い人や生活保護受給者を断っている施設がありますが?
  Q21 特養ホームに空きがなく、2、3年待ちといわれました
  Q22 入院したらもとの特養ホームには戻れるのでしょうか?
  Q23 老人保健施設や療養型の病院の選び方は?
  Q24 介護保険施設に移って、支払いが増えたのはなぜですか?
  Q25 特養ホームでの介護内容に疑問があります
   (1)ときどき拘束されています。/(2)おむつ交換や入浴の回数が少ない。
 8 有料老人ホームについて
  Q26 有料老人ホームの入居者も介護保険を利用できますか?
  Q27 入所のときに支払った一時金と毎月の利用料はどうなるのでしょうか?
 9 利用料が払えない
  Q28 利用料と高額介護サービス費について教えてください
  Q29 利用料の減額・免除制度を教えてください
  Q30 月5000円ではプランをつくるのは無理といわれました

2章 こんな制度も使えます
 1 医療保険の利用法
  Q31 医療保険はこれまでどおり使えるのでしょうか?
  Q32 医療保険と介護保険の違いは?
   (1)訪問看護は介護保険でどう変わったのでしょうか?
   (2)特定疾患の場合、利用料はどうなりますか?
   (3)訪問看護の緊急時加算はどうしても必要なのですか?
  Q33 老人保健施設でも必要な医療は受けられますか?
  Q34 介護サービスの利用で税金が戻る場合がありますか?
 2 老人福祉の利用法
  Q35 「自立(非該当)」の場合、介護サービスは利用できないのでしょうか?
  Q36 痴呆症や虐待をうけて介護保険を使えずにいる人がいますが?
 3 障害者福祉の利用法
  Q37 介護保険の自己負担が重いので、障害者福祉を利用したいのですが?
  Q38 介護保険を使いながら、障害者福祉も利用できますか?
  Q39 障害者ですが、介護保険のサービスでは足りませんが?
 4 生活保護の利用法
  Q40 利用料が払えないので、生活保護を受けたいのですが?
  Q41 特養ホーム入所中に生活保護を受けるには?
  Q42 生活保護を受けていますが、介護サービスが足りません
 5 判断能力の低下と権利擁護
  Q43 福祉サービス利用援助事業(地域福祉権利擁護事業)が利用できる場合は?
  Q44 成年後見制度とはどんな制度ですか?
  Q45 判断能力が弱っている場合の契約の進め方は?
  Q46 本人が拒否している場合のサービス利用の進め方は?

3章 介護で働く方のために
 1 ヘルパーが現場で困ったら
  Q47 次の場合どうしたらよいですか?
   (1)痴呆老人が「ヘルパーにお金を盗まれた」と言い張ります。
   (2)訪問先でセクハラにあってしまいました。
   (3)掃除のときに高価な置物を破損してしまいました。
 2 働きやすい条件づくり
  Q48 パートや登録ヘルパーは雇用保険・労災・健康保険・厚生年金に入れますか?
  Q49 聞いていたより仕事が少なく、月収4〜5万円しかありません
  Q50 「ここでは仕事がない」と、転勤か退職を迫られて因っています
  Q51 ケアマネですが、忙しすぎて、利用者のための本来の仕事ができません
  Q52 施設職員ですが、人員削減と給料の切り下げで因っています
  Q53 腰痛や移動中の事故の場合、労災の請求は?
  Q54 登録ヘルパーです。労働条件を改善してほしいのですが?
  Q55 雇用主の横暴がひどいので、労働組合をつくりたいのですが?
  Q56 施設経営者です。よい介護の実現と職員の待遇改善との板ばさみで悩む毎日です

4章 私たちがつくる介護保障
  Q57 市町村に介護保障を実現させるうえでのポイントは?
  Q58 市町村の総合介護保障条例にはどのようなものがありますか?
  Q59 私たちの声や意見を介護保険に反映させるにはどのような方法がありますか?

5章 苦情・不服申立てと訴訟の方法
  (1)保険料に関する審査請求書、(2)保険料減額・免除申請書
  (3)保険料減免申請却下決定取消しの審査請求書、
  (4)要介護認定に村する審査請求書
  (5)利用料減額・免除申請書、(6)利用料減免申請却下決定取消しの審査請求書

あとがき