目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

プロローグ 無医村の嘆き


1章 開業医はなぜ自殺したのか
 夕暮れに響くサイレン
 一本の電話から
 通夜の人びと
 怒りの医師たち
 「立会人」の悔い
 「指導」がなければ自殺はなかった


2章 「医」を志して
 その日からの医師
 「ゴット」とよばれたころ
 研修医から開業医へ
 震える注射針
 「もうこれで終わりにしよう」
 とどかなかった電話

3章 雪深き里の人びと
 川沿いの集落に生きて
 医師と地域住民
 みぞれつく署名集め


4章 地域医療の担い手として
 提出された二つの文書
 ある医師の記憶
 事件は偶然ではなかった
 歴史は語る
 よせられる共感
 「暴言はなかった」
 おおい隠せぬ真実

5章 「個別指導」とは何なのか
 「懇切丁寧」にかわった個別指導
 萎縮診療におちいることなく
 「個別指導」とは何なのか
 老技官が終わりに見たもの


エピローグ 山里に願い再び

あとがき
資料編(付・個別指導の心得10か条)