目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。


はじめに

ドキュメント●東京外環道の真実   丸山重威

1章・知らないうちに地下にトンネル…
―起ち上がった住民たち

大深度地下は本当に地上に影響はないのか―岡田光生さんの意見
大深度、地中拡幅部、ランプトンネルの不安―國井さわ美さんの場合
本当に池の水は涸れないか―古川英夫さんの主張
自ら「難工事」という地中拡幅部―海野純弘さんの場合

2章・酸欠気泡が川に上がってきた!
―40メートルを上がってきた殺人気体

「気泡」の成り立ち、隠蔽、ごまかし…
酸欠の恐怖
「説明せよ」と抗議
酸欠を隠す国交省

3章・シールド工法には危険がいっぱい
―続発する地下のトンネル事故

シールド工法のメカニズム
大深度を掘る問題点
多発する地下トンネル工事事故
危険回避の知恵に学べ

4章・開発か生活か、対峙した60年
―前回東京オリンピック時に遡る時代遅れの構想

反対運動で計画凍結
大深度地下利用で凍結解除
住民をどうごまかすか…
高架から大深度地下へ
青梅街道ハーフインターチェンジの経緯
道路問題を対象にした住民投票は全国初
PIってなんだ!?
「PI方式」と「住民参加」
民主党政権と公共事業
道路予定地の環境破壊と権利侵害が進行
「外環の2」―地下化したのに上にも造る
青梅街道インター訴訟
住民から都市計画廃止の要求
「東京外環道訴訟」ついに提訴
「世界最大級の難工事」は住民には「世界最大級の恐怖」
住民の不安置き去りに、巨大マシン発進
どこへ行く「車社会」
文明の限界から持続可能な社会へ

5章・隠された危険、住民の不安
―説明しない事業者、広がる不信

池の水が涸れる
地下水脈はどうなるのか
都市河川氾濫の心配はないか
陥没、地盤沈下の危険性
不十分な換気塔設備
大量の掘削土、汚染土は?
「地下は安全」のウソ―トンネルが地震波を増幅する?
古墳17基を破壊
都市農業の破壊、コミュニティの破壊
強引な強制測量、契約の強要
インターやジャンクションでは立ち退き強要

6章・大深度法、憲法違反です!
―憲法違反の大深度法、そして都市計画法違反

財産権と自由の制限
利用されてきた大深度
基本方針を守らない違法
説明できない環境対策
問われる公益性
都市計画法適用の問題も
決まっていない工法、分からない事業期間
2人の弁護士の主張
東京オリンピックまでの開通は無理
繰り返した「地上に関係なし」のウソ
本当にこの事業は必要なのか? 費用対効果のごまかし
飛び出した談合疑惑

資料編

資料@ 訴状
資料A 東京外環道問題と運動の歴史
資料B 東京外環道関連団体

あとがき

編者・著者紹介