目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。


はじめに

1章 朔太郎と家族たち

1 少年期の朔太郎
2 受験と退学を何度も繰り返した学校生活
3 朔太郎は音楽家の夢を抱く

2章 朔太郎の郷土前橋への憎しみ

1 父親の意思に反して「羽織ゴロ」になった朔太郎
2 朔太郎の詩から見えてくる空虚感
3 郷土前橋への嫌悪感
4 朔太郎に対する家族の苦悩
5 郷土前橋を憎悪し、都会を拠り所とした
6 郷土前橋を捨てた朔太郎

3章 朔太郎の横恋慕

1 朔太郎とナカ(エレナ)との初対面
2 朔太郎の横恋慕
3 人妻・エレナへのストーカー行為
4 朔太郎とエレナとは恋仲ではない
5 ストーカー行為はエレナと佐藤家への暴挙
6 朔太郎の浄罪詩
7 ストーカー行為後もエレナへ思慕を引きずる作品集
8 ストーカー行為後もエレナへの接近を続ける朔太郎

4章 朔太郎の破廉恥な振る舞い

1 詩人・朔太郎の破廉恥な書簡
2 詩人・朔太郎の不道徳な書簡
3 前橋市民は私の仇敵
4 朔太郎にはエレナ以外にも人妻を恋慕する癖が

5章 朔太郎が詩に込めたもの

1 郷土前橋への憎しみの詩

6章 朔太郎がつくる詩の性格

1 口語詩の問題と理想
2 自然派・社会派でもない自己本位の詩

7章 東京移住後に於ける朔太郎の人生

1 詩人は職業でないことを思い知る
2 離婚と転居
3 迷走する朔太郎

8章 変節した詩人・萩原朔太郎

1 過去を追憶する朔太郎の詩的価値を問う
2 朔太郎は「口語自由詩の確立者」ではなかった
3 文語体詩語に回帰した動機を検証

9章 朔太郎の詩論への疑問

1 朔太郎が示す芸術論への矛盾
2 詩を書かない詩人の事象
3 政治を取り入れないとした詩論への疑問
4 朔太郎の言う理性論と行動の矛盾
5 難解な詩はないという朔太郎への疑問

終章 似非韻文を諦め、エッセイへの転換

1 詩人としての使命を放棄した詩人
2 詩を文学の中心と強調した朔太郎への疑問と終焉

執筆を終えて

萩原朔太郎関連年表ほか

著者紹介