目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

プロローグ

第1章 社会保障のあゆみと運動の歴史
      −21世紀への展望と確信のために   芝田 英昭
  はじめに

  1 社会保障前史
  2 社会保障へのあゆみ
  3 第二次世界大戦後の社会保障の発展

第2章 社会福祉法成立がもたらすもの
      −福祉の市場化と公的責任の放棄   芝田英昭
  はじめに
  1 社会福祉基礎構造改革の狙うもの
  2 社会福祉基礎構造改革と社会福祉のあり方の変容
  3 社会福祉における公的責任の放棄
  4 社会福祉における公的責任とは何か
  5 公的責任を踏襲した社会福祉改革の視座

第3章 迷走する介護保険とその展望
      −介護老人福祉施設の現場からの問題提起   田邊隆聖
  はじめに

  1 公的介護保険の本質的問題点
  2 介護老人福祉施設運営の現状と課題
  3 高齢者福祉の再生に向けて
  おわりに

第4章 年金の変質経緯とその将来像
      −年金改正法の成立とその問題点 戸嶋哲也
  はじめに

  1 国民年金、厚生年金の問題点
  2 確定拠出型年金「401k」の問題点
  3 公的年金制度の課題
  おわりに−公的年金の給付水準と「老人金持ち論」

第5章 高齢者医療構造改革のあるべき姿
      −是正されるべき構造は何か 江本淳
  はじめに

  1 高齢者医療保障のあゆみ
  2 介護保険と高齢者医療保険
  3 高齢者医療保障の観点
  おわりに

第6章 社会保障の財源を考える
      −消費税の福祉目的税化を批判する
  はじめに
  1 消費税はなぜ導入されたのか
  2 消費税率アップと福祉目的税への道程
  3 消費税の福祉目的税化の狙い
  4 社会保障の財源

第7章 福祉国家再生へのプログラム
      −「社会保障の統合化と新社会保障構想」私案
  はじめに
  1 福祉国家破壊の具体化
  2 新しい社会保障制度の枠組み

エピローグ