雨宮 処凛(あまみや かりん)

1975年、北海道生まれ。作家・活動家。
2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版/ちくま文庫)でデビュー。
以来、「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。
2006年からは貧困、格差問題に取り組み、取材、執筆、運動中。メディアなどでも積極的に発言。3・11以降は脱原発運動にも取り組む。
2007年に出版した『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版/ちくま文庫)はJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。
著書に『プレカリアートの憂鬱』(講談社)、『14歳からの原発問題』『14歳からわかる生活保護』『14歳からわかる生命倫理』『14歳からの戦争のリアル』(河出書房新社)、『小心者的幸福論』(ポプラ社)、『何もない旅 何もしない旅』(光文社文庫)、『仔猫の肉球』(小学館)など多数。
「反貧困ネットワーク」世話人、『週刊金曜日』編集委員、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、「公正な税制を求める市民連絡会」共同代表。