目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

プロローグ

本編「オオカミ少女」物語

シング牧師
■ 1920年
ジャングルの“化け物”
オオカミ少女たちの保護
孤児院へ
シング夫人との出会い
カマラとアマラの叫び
馴れさせる手だて

■ 1921年
食べ物配りの成果
あぁ、アマラよ
カマラの苦しみ

■ 1922年(推定9〜10歳)
立つための訓練

■ 1923年(推定10〜11歳)
立って歩く

■ 1924年(推定11〜12歳)
シング夫人を慕う
フンドシを取る

■ 1925年(推定12〜13歳)
塩を欲しがるカマラ

■ 1926年(推定13〜14歳)
使い走りをするカマラ
女の子らしくなった

■ 1927年(推定14〜15歳)
人形を買ってもらう
消えたオオカミの習性
ずるいことをいやがる

■ 1928〜29年(推定15〜17歳)
カマラの最期

生徒たちの感想文「オオカミ少女」の話を聞いて

参考文献
 

エピローグ