目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

はじめに――渦巻く年金への不満・不安・不信

第1章 このままでは年金制度は崩壊する
  1 深刻な年金の空洞化
  2 史上最悪の04年年金改革
  3 国民はやり直しを求めている
  4 「一元化」と消費税引き上げ問題

第2章 国・企業負担軽減と国民への負担増
   1 「一体的見直し」の黒幕に財界が
   2 なぜ「自立・自助」を強調するのか
   3 高齢者は金持ちか
   4 高齢者にのしかかるさまざまな負担増
   5 高齢化社会に相応しい税財政の運営が必要

第3章 年金積立金のとんでもない実態
   1 年金積立金の歴史的背景
   2 年金積立金とはなにか
   3 年金積立金はどのように使われているか
   4 年金積立金は必要か
   5 今後どうすべきか

第4章 社会保障の財源はどうあるべきか
   1 社会保障ってなんだろう
   2 社会保障の財源はどうあるべきか

第5章 年金制度をたてなおす道はあるのか
   1 放置できない年金制度の現状
   2 年金制度たてなおしの道は示されているか
   3 最低保障年金制度のほかに解決の道はない

第6章 最低保障年金とナショナル・ミニマム
   1 ナショナル・ミニマムと全国一律最賃制
   2 25年以上の納付期間を必要とする拠出制年金の収奪制
   3 最低保障年金制度の意義
   4 ナショナル・ミニマムとしての最低保障年金はなぜ必要か
   5 民主党の最低保障年金制度構想でいいのか

第7章 年金制度はどう「改革」されてきたか
   1 社会保障制度審議会の50年勧告と年金スト
   2 第2臨調以降の社会保障切り捨ては憲法違反

第8章 最低保障年金制度創設の運動と年金改革の展望
   1 社会保障制度審議会の建議と基礎年金の導入
   2 労働団体等の年金政策
   3 全日本年金者組合結成と最低保障年金制度創設などの運動
   4 1100を超える地方議会が国への意見書を採択
   5 国連が日本政府に勧告
   6 団体・政党に要求広がる
   7 日本で出来ないはずがない

あとがき