目次 

本書をお読みくださる方々へ

1章●コンプライアンスの意味と意義
 1 はじめに
 2 取引社会におけるコンプライアンス重視とその背景
    コンプライアンスについて
    コンプライアンスが導入された主な要因
    コンプライアンスの今日的意義
    高齢者・障害者問題とコンプライアンス
 3 そもそも権利擁護とは何か
    人権とは何か
    権利擁護の具体的内容
    権利擁護のための課題分析
    権利擁護の積極面と消極面
    権利擁護の手段(前提要件)について
    まとめ
 4 高齢者・障害者の権利擁護とコンプライアンス                            

2章●権利擁護の具体的なあり方について
 1 子どもの権利
 2 患者・医療
    受診の権利
    説明を受ける権利
    他の医師の意見を聞く権利
    医療上のプライバシーの尊重
    転医の権利
    医療情報の開示を受ける権利
 3 プライバシーの保護ということ
 4 消費者の権利
 5 臨死における権利擁護

3章●高齢者・障害者の領域でのコンプライアンスの具体的導入と展開
 1 対象となる法令等の範囲
    基準省令・解釈通知をふまえる
    根拠法による権利と義務
    上位理念の大切さ
    専門性を重視
 2 コンプライアンスに期待される役割
    措置の福祉社会から契約型福祉社会へ
    自己評価が実地指導・指導監査を超える
 3 高齢者・障害者へのサービス提供事業者におけるコンプライアンスの展開
    自らのサービス基準を作る
    サービス基準を公開する
    自己評価し、さらに良くする
 4 インセンティブとモチベーションの確保
    コンプライアンスルールは職員に優しい
    コンプライアンスルールは事業所の信頼に貢献する
 5 作成されるべきコンプライアンスルールの参考例
    コンプライアンスルールの構成
    コンプライアンスルールの導入
 6 コンプライアンスルールに基づくサービス管理とルール違反への対応
    想定される違反行為
    福祉サービスの質を管理する現行制度の状況と限界
    コンプライアンスルールの期待される効果と必要性の背景
    ルール違反への対応

4章●高齢者・障害者の権利擁護とコンプライアンス
 1 高齢者・障害者の権利擁護の意義
    消極的権利と積極的権利
    高齢者・障害者の特質から権利を考える
 2 権利擁護の手段としてのコンプライアンス
    高齢者・障害者本人のエンパワーメント
    必要かつ十分な情報公開、情報へのアクセスのサポート
    評価システムの確立
    簡易迅速、効果的な救済制度の確立
    総合的な支援センターの創設
 3 高齢者・障害者の領域におけるリスクマネジメントとコンプライアンス
 4 高齢者・障害者の権利擁護とあるべきコンプライアンス
    アリバイ工作ではないコンプライアンス
    武器あるいは実効性ある手段としてのコンプライアンス
    リスクマネジメントの重要な手段としてのコンプライアンス
    内部告発を取り込んだコンプライアンス
    権利擁護を図るための手段としてのコンプライアンス

5章●コンプライアンス導入の留意点と課題について

 1 コンプライアンスの導入とその留意点
    絵に描いた餅にならないために
    コンプライアンスはあくまでも手段
    実践によりコンプライアンスを確立すること
    一人ひとりが人権に敏感であること
    マニフェストの前提としてのコンプライアンス
    誰のため何のためのコンプライアンスなのか

 2 コンプライアンスの導入と課題
    ルールづくりに積極的に参加できるかどうか
    ルールを維持発展させるための根本的課題

資料編●高齢者・障害者の権利擁護関連法令集

あとがき