目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

はじめに

1章 手記●次男幸彦との歩み
   がんと闘いながらも、子どもらしく  斉藤淑子

    幸彦誕生/ 突然の発病/ やはり、恐れていたことが…/
     あわただしい入院/ 小児病棟の日々/
     手術、そしてがん宣告/ 子どもががんと闘うということ/
     ベッドの上はスモールワールド/ 放射線治療の開始/
     つづいての化学治療/ 副作用とストレスとの闘い/
     トンネルを抜けるまで/ 退院、再び保育園へ/
     再び切り取られた空を見つめて/ 時計を早送りにできたなら/
     プレイルームと学習室はオアシス/ 強力な助っ人たち/
     すてきな友だち、のり君との出会い/ のり君と学校/
     どろんこと太陽の世界/ 緑の風の中を小さな車椅子にのって/
     すてきな子どもの時間を原動力に/ 突然の永訣/ 喪失からの出発

2章 レポート●難病の子どもの発達保障
   せんせ〜い、あそんでね!  坂上和子

    長岡由記ちゃんの保育
     由記ちゃんのお友達
     弓田元哉君の保育
     丸林亮介君の保育
     グリーフ・ケア

3章 座談●難病児とその家族のQOLを考える
   難病と闘う子どもにこそ保育を
    近藤博子・斉藤淑子・坂上和子・谷川弘治・細谷亮太・萬谷耕造

変わる親の意識
高まる病棟保育士への関心
変化を迫られる病気の子どもへの教育のありかた
入院児保育に求められるもの
普通の生活ができることの意義
遊びのボランティアの広がり
サポート・ネットワークの一層の広がりを

おわりに―― 増補改訂版刊行にあたって