目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

特別企画/渥美 清さんと山田洋次監督
 「恋多き寅さんの喜劇と悲劇」―寅さん記念館と全障研大会を訪ねて


「社会保障」としての国民健康保険制度
 生活実態から遊離し空洞化と崩壊の危機/相野谷安孝(中央社保協事務局次長)
 福岡北九州市「国民健康保険現地実態調査」から
 福岡市「いのち綱の国民健康保険証とりあげるな」/比江島俊和(福岡市議会議員)
 北九州市「冷たい国保行政で犠牲者生まれる」/岩下幸夫(小倉民商会長)

 人権侵害の冷たい国保行政
  伊藤周平(九州大学助教授)/井上英夫(金沢大学教授)
 国保法にない「相互扶助」(福岡と北九州市との懇談)
  鐙 史朗(『民医連新聞』編集部)
「国保110番」の深刻事例/(福岡県社保協)

国民健康保険と日本国憲法
  辻 清二(全国生活と健康を守る会連合会事務局長)
姫路市の国保料引下げ/議会での論戦
  松浦 貢(姫路市議会議員)
長岡市は「要介護認定者」の「障害者控除」を認める
  富樫由希夫(新潟県・長岡市社保協事務局長)
雇用保険改悪の引上げと失業手当て給付を抑制/田頭盛生(建交労執行委員)
患者を直撃する「診療報酬」改定/華表暁(全日本民医連国民運動部)

連載・ジャ−ナリストの直言〈11〉
 「二人の知事の距離」/坂本龍彦(『朝日新聞』元編集委員)
高柳新の世相診断&処方(15)「平和的生存権」の確認
ム−ビ−ing/富家靖子(11)「海辺の家」
歴史探訪・第5回「病院ストと二・八闘争の時代」
  宇田川次保(元・日本医労協事務局長)/公文昭夫(中央社保協専門家委員)
『社会保障』誌拡大運動期間と運動/(中央社保協運営委員会)
中央団体トピックス/竹下義樹(全国生活保護裁判連絡会・弁護士)

役立つ社会保障制度の使い方/授業料滞納の急増と減免制度
  郡山孝紀(日高教書記次長)

リレ−随筆
有事法制は民間航空を軍事体制にくみこむ/内田妙子(航空労組連絡会議長)
県社保協会長・代表委員の素顔
  肥田 泰さん(埼玉県社保協会長)
生活の知恵
「禁煙外来ではどんなことしますか」/高瀬恵子(埼玉協同病院看護婦)
「青年のひろば」/日本医労連のアクトインサマ−
  大谷千秋(日本医労連青年協議会事務局長)

<巻頭グラビア>「四季のしらべ」雲流れる/前沢淑子
<文中グラビア>関東・介護保険料に怒る一揆の会「集団不服審査請求」/「日本障害者センタ−」設立される/全国障害者問題研究会第36回全国大会/秘湯を訪ねて@群馬県「尻焼温泉」