目次 目次の青い文字をクリックすると内容の一部が立ち読みできます。

 

まえがき

第1章 露木先生が芦花ホームで遺したもの
   1.地域に開かれた福祉施設「芦花ホーム」
   2.「聴くこと」が基盤の「よいひびきあい」
   3.実践を支えた理念
   4.地域に開かれ、地域交流の中核となる施設へ
   5.安心と安全を実感できる地域福祉の実現

第2章 ひとづくり、施設づくり、まちづくり
  T.「ひととひととのひびきあい」の論理とは
  U.ひとづくり
   1.「聴く」ことがひとを変える
   2.ひとづくりとしての福祉と教育
   3.学習と経験を統合させるもの
   4.ひとづくりとボランティア。それは神の所作
   5.福祉の専門性とは
  V.施設づくり
   1.「聴育」が組織にもたらすもの 
   2.ひとがつくりあげ、ひとでつくられているもの
   3.なにがなんでもベッドから起きてもらう
  W.まちづくり

第3章 「福祉人」露木をつくり、支えたもの
   1.さまざまな工夫がもたらすもの
   2.私が外国から学んだ「ホンモノ」と「スマート」
   3.ひとを大切にし、ひとから大切にされる
   4.人生にまわりみちなどない

第4章 「聴育」の普遍性

あとがき